双極性障害II型とともに生きるシステムエンジニアの、日々想ったこと、考えたことを、徒然なるままに。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
もう何もできないって思うのは


シャワーを浴びてて、ふと気づいたことがあったから、忘れないうちに書いておこうと思う。


僕らは小さい頃、「自分は何だってできる、何にだってなれる」って思ってた。

だから、ああして、明日を心待ちにできた。

だけど、今僕らは、「自分はもう何もできない」って思うことが多々ある。

それは、病気だからっていうのはもちろんあるとしても。


でも、ここで、ふと思ったんだ。

小さい頃、「何だってできる」って思えたのは、何もしたことがなかったからなんだって。

逆に「もう何もできない」っていうのは、いろんなことをやって初めて、思えることなんだって。

何もやったことがなかったら、もう何もできないっては思えないんだから。

そしたら、こう考えられるんじゃないかなって思ったんだ。


僕らはいろんなことをやってきたんだから、何もできないっていうのは間違いなんだ。

いろんなことができたんだったら、これからもいろんなことができるはず。

病気が邪魔をしてるのかもしれないけれど、だとしたら、その病気さえ手なずけてしまえれば、またいろんなことができるはずなんだって。


なんか、すごく前向きに書いてみた。

でも、春にもこんなことを書いたけれど、今の僕はなるべく目の前に集中して、先を見ないように過ごしている。

これも最近感じたことなんだけど、人が不安になるのって、将来のことに関してなんだと思う。

あたりまえのことなのかもしれないけれど。

過去のことに対して、不安になるってまずないと思う。

「今日、仕事で失敗した、どうしよう」って思うことはあるけれど、その不安は、過去の失敗に対する不安なんじゃなくて、過去の失敗で将来怒られるかもしれないっていう不安。

その不安を取り除くにはどうしたらいいかなって考えて、みつけた自分の答えが将来を考えないってこと。

ただただ、目の前のことに集中して、目の前の石ころをどかすこと。

あ、そっか、これは雪かきのときに書いたんだった。

-------------

仕事が、やっと終りがみえてきた。

どうやら延ばし延ばしになってきた納期が、やっと来週末に決まり、なんとかギリギリそこまでには出来そう。

これで、ちょっとだけ休めると思う。(今のが終わっても、もうちょい関連したのが続くから。)

取りあえず、来週に向けて、日曜は体を休めようって思う。
スポンサーサイト






2009⁄05⁄10(Sun) 00:14   ココロ | Comment(2) | Trackback(0) | ↑Top


Comment

共感
whiceさんおはようです^^(昨日ね逃げしたので朝が早いなつです)
whiceさんのブログ2つのことに共感です。
一つは「もうなにも出来ない」を思うのは私の場合は年齢が大きくのしかかっています。
でもこれからも長い人生続きます。私は36歳だからあと半分人生があるとして、まだ36年もある、「宇宙飛行士」にはなれないけど、でも自分の人生、そして生きていく=お金を稼ぐ。「自分に出来ることはあるだろう。でも一気にジャンプするのではなく、毎日すごしながら、自分に出来る、そしてあった仕事をこれから探し続けます。
仕事だけでなく年をとったからこそ、「出来ること」もあるはず。
「年をとる」「若い人が身軽にこなせることが頭の老化で出来なくなる」ことは不安にもつながりますが、でも「年を取った分、いろいろな経験がある、若い人を見守る心の大きさがある、そう希望をもちたいです。」
「できること、たくさんありますよ!!」

あと不安について。
実は昨日私も同じこと思っていました。
もし私が明日食べるものがない、生活できない状態ならすぐなんでもいいから日雇いでもいいから即働くと思う。
まだ余裕があるけど将来のことを思うから「不安になって怖くなるのだと」
そういう「不安」は考えてもどうにもならないことなのですよね。考えて解決することならいいいけど。
そうそう考えて解決したのは「不安は棚上げして、出来ることから行動しよう。」そう思ったら不安はなくなりました。

「不安」という感情も人の大事な感情、「嬉しい、感動した、楽しい」と同じように。
前は私は「不安」に飲み込まれていたけど、今は上手に付き合っていきたいです。「不安」があるから、一日一日出来ること行動しよう!っていう発奮材料になるなあと。
昨日は仕事のことで不安になったんだ。
でもやるしかない。こつこつと。

whiceさん、仕事落ち着くまでもう少しなんだね。あと一息。これを乗り切ればまた大きな自信になりますね。
whiceさんは病気を上手に付き合いながら忙しい仕事こなしている。この経験は病気とうまく付き合うだけではなく、自分の体とうまくつきあったり、仕事が忙しいときに自分の力加減の調整や、はたまた人間関係にもいかされるはず。
人間的に大きく成長してる感じが勝ってながらうけます。

お仕事おちつくまでもう少し。ぼちぼちファイトです。
2009/05/10 05:24URL | なつ[ 編集]

なつさんへ
なつさん、こんばんは。

投稿時間みたら、確かに早いですね^^
でも、今の時期、朝の5時とか気持ちいいんだろうなって思います。
僕は昨日思いっきり夜更かししたんで、今日は昼まで寝てました。。。

年齢については、僕も29歳で、周りには中堅社員としてやれている人が結構いて、そういう彼らを見ると不安に駆られてしまいます。
でも、なつさんが言うように、一気にジャンプして何かになるっていうのは不可能なんですよね。
少しずつ少しずつ、なろうと思ったものになっていく。
仕事に就いても、すぐにはその道のプロにはなれないっていうのを痛切に感じています。

歳だけでなく、今まで経験してきたものを、いろんなことに活かせていけたらなって思います。

>>「不安は棚上げして、出来ることから行動しよう。」そう思ったら不安はなくなりました。
それ一緒です。
今、これを書いてるのが、日曜の夜で、不安になってしまうタイムです。
でも、明日になって、実際に動き出すと、そんな不安はほんと嘘のように消えていきます。
(消えないときもあったんですが、最近は消えてくれます)

「不安」って大事な感情なんですよね。
不安という感情があるから、人は危険を予知できるんだと思います。
ただ、それを意識し過ぎてしまうとつらくなる。
諸刃の剣みたいなもんなんですね。きっと。

うーん、僕は成長できているんですかね。
でも、昔の自分だったら、もう仕事を続けていられなかったっていうのはありますね。
いろんなものとの距離感がつかめてきた感じはあります。

はい、明日からもぼちぼちいきます。
2009/05/10 21:42URL | whice[ 編集]

Post a Comment












管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL


| HOME |

カレンダー

プロフィール

whice(ホワイス)

Author:whice(ホワイス)
【HN】whice(white space:白い宇宙)
躁鬱病(双極性Ⅱ型)を患いつつも、必死に生きてるシステムエンジニア。32才。男。
【趣味】読書(文学からミステリーまで)。映画。ドライブ。

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
ブログランキングに登録しました。
よかったらポチっとお願いします。
FC2カウンター

休日の過ごし方アンケート


落ち付く過ごし方、楽しみにしてる過ごし方をみんなで共有しましょ。
集計結果はこちら
絶賛募集中です。
アンケートのご協力はこちら
読書カレンダー本棚

amazonベストセラー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

↑Top



Copyright © 2017 白いそら. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。