双極性障害II型とともに生きるシステムエンジニアの、日々想ったこと、考えたことを、徒然なるままに。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
変化というストレス


環境の変化は、ストレスがついてくる。

震災以降、環境の変化が、自分にだいぶダメージを与えていたようだ。

海沿いではなかったため、幸いにも津波による被害はなかったし、今ではほぼ震災前の生活に戻っている。

ただ、その震災以外に、大きな変化があった。


あまり、ブログには書いていなかったが、まずは母親の病気。

大きな病気を患っていることが1年ほど前にわかり、仕事をしながら治療を続けていて、GW前に手術を受けた。

この手術は、病状が悪化しての手術ではなく、病状が回復してきて、回復の見込みがあっての手術だったから、良い方向に進んではいるんだけど、逆に考えると、1年前は手術もできないほどに回復の見込みがなかったのかと、唖然としてしまった。

父親からも病気については聞いていたものの、手術ができないレベルだということは、教えてもらっていなかった。

病院にも行ったけれど、母親の体から管が出ている姿は、自分をひどく痛めつけた。

ただ、何年ぶりかに、母親と2人きりで、いろんな話をした。

そんな病気をし、そんな手術をしながらも、明るく振る舞う母親に、何とも言い表せない気持ちを抱いた。


もうひとつは、仕事の変化。

去年の夏ごろから続いていた仕事が、やっと山場を越え、今、次の仕事へとシフトしている。

同じような仕事ではあるんだけれど、燃え尽き症候群というか、荷降ろしうつというか、大変な仕事を終え、一息つけぬ間に次へ進んでいるため、逆にひどく疲労感が出て「やる気」が起こらない。

しかも、仕事中、ひどくつらく、仕事が全くと言っていいほどはかどらない。


土曜日は、そんな状態だったため、病院へ行き、薬を元に戻してもらった。(減薬していたのだ)

「薬を減らしていって、最終的になくしたい」と思ってはいたけれど、しょうがない。

早くリズムを元に戻して、うまくコロコロ転がしていきたいなと思う。

スポンサーサイト





ジャンル:心と身体 テーマ:うつと暮らす

2011⁄05⁄23(Mon) 00:49   ココロ | Comment(6) | Trackback(0) | ↑Top


Comment


こんにちわ

お母さんの 体調良くなって おめでとうございます。よかったですねー。


この病を 抱えて 仕事をこなすというのは
どんなに 難しいことなんでしょう。

私など 主婦なので 好きなときに 横になれますが 働いている人は そうは 行きません。

躁状態のときに 沸いて出る
やる気と 反対に

鬱 までには いかないものの
どうしても 何を見ても
心が動かない状態で 仕事をするのは
辛そうですね。

どうぞ ご自愛くださいませ・・・・。

2011/05/23 16:53URL | ニャンダム[ 編集]

ニャンダムさんへ
ニャンダムさん、こんばんは。

母親の病状がよくなったのは、ほんとよかったです。
それを聞いてか、今週は先週に比べ、だいぶ自分の調子も上向いてきました。

主婦の方も、病気を抱えては大変でしょう。

仕事は、黙々と一人で作業する場面も多い仕事なので、調子が乗らないときも逃げ道はありまして乗り切れてはいますが、気力が全くわかないときはさすがに厳しいですね。

お互い、うまく波をコントロールして、過ごしていきたいですね。
2011/05/24 22:53URL | whice[ 編集]


お母様、大変だったのですね。

手術後の管が沢山、入っている光景は素人さんには強烈な印象を与えるようですね。
私の主人がまさにそれで実の弟の見舞いに行った時も目のやり場に困ったそうです。

私は客観的にみてしまっていたのですけどね。


whiceさんの体調が気になります。
私は今、希死念慮が強くて困っていますけどね。

上手くコントロールできる様になりたいな・・・と思います。
2011/05/25 18:14URL | ばっちゃん[ 編集]

ばっちゃんさんへ
ばっちゃんさん、こんばんは。

見舞いに行ったとき、管が入っているというのは、いたたまれない気持ちでした。
ばっちゃんさんは、看護師さんなんですよね。
客観的に見れるのをすごいと思います。

ばっちゃんさんは大丈夫ですか?
僕は今はなんとか落ち付いて、仕事もほぼこなせています。

でもほんと、上手にコントロールできるようになりたいなって思います。

2011/05/25 21:25URL | whice[ 編集]


whiceさん、こんにちは。

まずはお母さんの病状が快方に向かっているということで、おめでとうございます。
お父さんがwhiceさんにお母さんの病状をお伝えなさらなかったのは、やはり息子さんに心配をかけたくないという親心からでしょうね・・

ところで、数年前私の父親も生死の境をさまよいました。医者には「覚悟しておいてください」と言われました。
人工呼吸器で強制的に呼吸させられ、管はたくさんささり、大量の抗生剤投与による体中のむくみ。
子どもは故郷から遠く独立し、父は入院しで、独り暮らしを強いられた母親の孤独を思うとつらかったことを思い出します。
その後父は快復したので、一旦は落ち着いています。

仕事では、私も去年の夏ごろからの大きな案件が3月で完工し、次の案件着手をしないといけないのに4月は完全にバーンアウトしてました。。
思えば4月はなにをしてたんだろうと思います。そのつけを今払わされていて毎日午前様です。。

すみません、人様のブログで自分のことばかり書いてしまいました。いろいろと私の状況と重なって見えたので・・
2011/05/28 14:40URL | つばめとそら[ 編集]

つばめとそらさんへ
つばめとそらさん、こんばんは。

なんとか母親の病気が快方に向かっているのは、ほんとよかったです。
父親が病状を伝えなかったのは、つばめとそらさんがおっしゃるように、親心なんだろうなと思います。
母親も伝えないよう言ったのかもしれません。

つばめとそらさんのお父様もそういったことがあったんですね。
人工呼吸器や管がたくさんささっている状況というのはつらいですよね。
それとお母様の孤独と不安。
僕の父親も、母親が入院して、孤独と不安を抱えながら生活していたんだろうなと思います。
お父様、回復して落ち着いたとのこと、よかったです。

>>仕事では、私も去年の夏ごろからの大きな案件が3月で完工し、次の案件着手をしないといけないのに4月は完全にバーンアウトしてました。。

つばめとそらさんも、僕と同じような感じなんですね。
「荷降ろしうつ」とか「燃え尽き症候群」とかの言葉がありますが、大きな仕事が一段落すると、体調を崩してしまいますよね。
それと、春から夏への季節の移り変わりが大きい、4月~5月の季節感が僕はどうもダメです。
僕も今月は全く仕事がはかどらず、これからギュウギュウに詰まった日程をこなすのに大変になりそうです。

これからまた仕事が大変になるかと思いますが、身体に気をつけて、お互い自分の心をうまくコントロールしていきたいですね。

2011/05/29 23:54URL | whice[ 編集]

Post a Comment












管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL


| HOME |

カレンダー

プロフィール

whice(ホワイス)

Author:whice(ホワイス)
【HN】whice(white space:白い宇宙)
躁鬱病(双極性Ⅱ型)を患いつつも、必死に生きてるシステムエンジニア。32才。男。
【趣味】読書(文学からミステリーまで)。映画。ドライブ。

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
ブログランキングに登録しました。
よかったらポチっとお願いします。
FC2カウンター

休日の過ごし方アンケート


落ち付く過ごし方、楽しみにしてる過ごし方をみんなで共有しましょ。
集計結果はこちら
絶賛募集中です。
アンケートのご協力はこちら
読書カレンダー本棚

amazonベストセラー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

↑Top



Copyright © 2017 白いそら. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。