双極性障害II型とともに生きるシステムエンジニアの、日々想ったこと、考えたことを、徒然なるままに。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
自分にできること


被害が少なかった僕が住んでいる街では、先週あたりから復興に向けて動き出している印象を受けた。

あちこちにあった道路の陥没や隆起、信号の故障等はほぼなくなり、断水している地域もほとんどなくなったようだ。

ガソリンはなかなか入れられないし、スーパーも夕方5時ぐらいには閉店してしまうという状況ではあるけれど、活気を取り戻している印象は受ける。

僕がいる会社でも、先週22日から動き始め、再び仕事ができるようにする準備で一週間が終わり、月曜からはおそらく仕事を開始できると思う。

原発は一進一退といった感じであるし、津波の被害を受けた方が避難所暮らしを送っている映像を連日ニュースで目にする。

ただ僕は一介のシステムエンジニアにすぎず、原発を止めるべく原子炉を冷やす原発のエキスパートでもなければ、避難所の病人を治療できるドクターでもない。

だから、自分にやれることは、目の前にある仕事を片付け、少しでも東北の経済、日本の経済の持ち上げに協力することなんだろうなって思う。

昔よくブログで書いていた「雪かき」なのだ。

遠くで大雪で雪崩が起き、多くの人が家を失い避難所で生活しているとする。

そのとき僕ができるのは、せいぜい自分の家の目の前で、人がちゃんと歩けるように雪かきをすることだけなんだと思う。

遠くの、雪崩で家を失った人々の生活を思いやることはもちろん大切なんだろうと思う。

だけど、それを心配し過ぎて、自分自身が何も出来なくなるぐらい思い病んでしまったら、何にもならない。

一東北人として、一日本人として、せっせと家の前の、日本の雪の雪かきをする。

それが僕にできることなんだろうなって思う。

スポンサーサイト





ジャンル:心と身体 テーマ:モノの見方、考え方。

2011⁄03⁄27(Sun) 20:44   ココロ | Comment(1) | Trackback(0) | ↑Top


Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/03/27 22:52 | [ 編集]

Post a Comment












管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL


| HOME |

カレンダー

プロフィール

whice(ホワイス)

Author:whice(ホワイス)
【HN】whice(white space:白い宇宙)
躁鬱病(双極性Ⅱ型)を患いつつも、必死に生きてるシステムエンジニア。32才。男。
【趣味】読書(文学からミステリーまで)。映画。ドライブ。

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
ブログランキングに登録しました。
よかったらポチっとお願いします。
FC2カウンター

休日の過ごし方アンケート


落ち付く過ごし方、楽しみにしてる過ごし方をみんなで共有しましょ。
集計結果はこちら
絶賛募集中です。
アンケートのご協力はこちら
読書カレンダー本棚

amazonベストセラー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

↑Top



Copyright © 2017 白いそら. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。