双極性障害II型とともに生きるシステムエンジニアの、日々想ったこと、考えたことを、徒然なるままに。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
忘年会の忘年会をやりたい(会社以外の人と)


忘年会兼社員旅行から先ほど帰ってきた。

正直しんどかった。。。

というのも、前にも書いたけれど、今回は幹事(2人いて僕は副幹事ではあるんだけど)で、しきり役だったこと、仕事が今多忙で疲れきっているのに、普段あまり話さない人とも話すこと。

僕の会社は、出来てから十数年しか経っていないのに、若手がお酌をして回ったり(これは他の会社はどうなんだろう?)、上下関係や気遣いに厳しかったりと、結構古風なところがあって、その忘年会なものだから、もう大変。

そして!極め付けが、今回ビンゴ大会をやったわけなんだけど、なんと景品の1つ(3等)をアパートに忘れてしまって。。。

バスで行ったものだから取りにも帰れず。

もう一人の主幹事には怒られて、へこんで大変だった。

ただ、どうしてそんなミスをしてしまったかと言うと、金曜の夜は、10時に家に帰ってきてから、忘年会の細かい準備で寝るのが遅くなり、かつ、土曜の昼過ぎに出発だったんだけど、病院に行く日だったので、朝寝ぼけながら、景品やら飲み物やらを車に積み込んで病院に行ったから、そこで入れ忘れてしまった。

まあ、ビンゴのときに謝罪をし、その後それについて誰も言わなくなったので、そんなに気にはされていないのかなとも。

その後、朝方まで飲んだり話したりしていて。疲労がかなりたまった。

とりあえず、今日一日ゆっくり過ごして、疲労を少しでも取り除くことかなって思う。

それにトラブルはあったものの、なんとか終わったので、まぁよしとしよう。

スポンサーサイト





ジャンル:心と身体 テーマ:モノの見方、考え方。

2010⁄12⁄19(Sun) 13:57   ココロ | Comment(2) | Trackback(0) | ↑Top


Comment

会社の忘年会
そう、会社の忘年会は、ごますり坊主が上司にお酌して回るのが当たり前ですねー。上司が今日は無礼講だと言ったからと言って、好き放題をやると上司はしっかり、それを憶えているんだなー。そして、出世にも響く(何が無礼講だ~(怒!!))。

やはり、会社以外の人達と仲良く成る様、日頃から付き合える事は非常に重要ですよ。そこで知り合った人達は、停年後も友人として残ってくれる確率が高いよ。
2010/12/23 17:08URL | tom jerry[ 編集]

tom jerryさんへ
tom jerryさん、こんばんは。

会社の忘年会は、ほんと散々でした。
上司にお酌して回るのはどこでもやってるんですね。
昔勤めていた会社では、近くの人や一番上の上司にはお酌しましたが、今の会社は平社員全員が上司についで回るっていう異様な感じなんですよね。

無礼講と言われ、酔いにまかせて後で後悔したこともたびたびあります。。。

やっぱり会社以外の人で、仲がいい人を作っておきたいですね。

2010/12/24 22:58URL | whice[ 編集]

Post a Comment












管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL


| HOME |

カレンダー

プロフィール

whice(ホワイス)

Author:whice(ホワイス)
【HN】whice(white space:白い宇宙)
躁鬱病(双極性Ⅱ型)を患いつつも、必死に生きてるシステムエンジニア。32才。男。
【趣味】読書(文学からミステリーまで)。映画。ドライブ。

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
ブログランキングに登録しました。
よかったらポチっとお願いします。
FC2カウンター

休日の過ごし方アンケート


落ち付く過ごし方、楽しみにしてる過ごし方をみんなで共有しましょ。
集計結果はこちら
絶賛募集中です。
アンケートのご協力はこちら
読書カレンダー本棚

amazonベストセラー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

↑Top



Copyright © 2017 白いそら. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。