双極性障害II型とともに生きるシステムエンジニアの、日々想ったこと、考えたことを、徒然なるままに。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
ジャズと不安解消法


週末は忙しかった。

というより、これからの忙しさの幕開けのような気がする。

金曜は5時間残業し、今日は休日出勤。

グループの業務が遅れに遅れて。

ただ、もちろんいいこともあって。

客先の創立○周年パーティに参加したんだけど(本当は全く乗り気ではなかった)、パーティの中でJAZZライブがあった。

以前、東京で働いていたときに一度だけ、JAZZ Barに行ったことはあったんだけど。

そのときのような感じだった。

まさかそんな体験ができるとは夢にも思わずで。

それで、どこかで聞き覚えのある方だなとは思っていたんだけど、帰ってきてからネットで検索すると、すぐひっかかって。

今日、レンタルビデオ屋さんの数少ないJAZZコーナーに行くと、その方のCDが何枚も置いてあった。

今日はそのJAZZのCDを聴きながら、疲れを癒そうと思う。

-----------

ずっとブログに書こうと思っていて、なかなか書けずじまいだったんだけど。

最近また、D.カーネギーの「道は開ける」を読み出している。

なかなか一気に読めずなんだけど。

そのなかで気に入ったところがあって、その考え方で、先週の日曜を気持ちよく乗り越えられた。

内容は、

  記録を調べて平均すると、不安の種が起こる確率はどのぐらいか考えてみよう
というもの。

日曜の夜、僕は(おそらくは多くのサラリーマンが)不安に駆られる。

明日からの仕事がうまくいくのか。

失敗しないか。クビになるようなことになりはしないか。

そう考えだすと、ぐるぐる思考が悪い方向へ行き、すごく落ち込んだ夜を過ごしてしまう。

でも、本に書いてあったように考えてみると、クビになるような致命的な失敗をしてしまったことは、今までにほとんどなかったし、第一、この3年間働いてきてクビにはなっていない。

そう思うと、ふっと「大丈夫かもな」って、少し安心して、肩の力が抜けてきたんだ。

もちろん、今は仕事が大変だし、うまくいってはいないんだけど、気持ちを楽にする手助けにはなった。

そんなふうに、ほっとできる、心を休ませられるひとときを作れるような考え方を探していきたいと思う。

スポンサーサイト





ジャンル:心と身体 テーマ:モノの見方、考え方。

2010⁄10⁄02(Sat) 23:03   ココロ | Comment(4) | Trackback(0) | ↑Top


Comment


こんばんは。

私は、最近になってやっとジャズ良いなぁ、と思うようになりました
ライブ感はもともと好きだったのですが、いまいち音に「乗る」ことができなくて。

音楽とか本とか、自分を過度に緊張させることなく新しい教えを与えてくれることができるのって良いですね。

調子がものすごく悪いときは聴くことも読むこともできませんものね。
2010/10/03 21:46URL | kano[ 編集]


道は開けるにそのような内容があるんですね。。
私も最初の1/3くらい読んだっきりそのままにしてるので、もう少し読んでみようかな。。
道は開けるを読んだら、「人を動かす」を読みたいと思いながら、、もう1年以上になります。。
2010/10/03 22:57URL | つばめとそら[ 編集]

kanoさんへ
kanoさん、こんばんは。

ジャズは昔は僕も好きってわけではなかったんです。
記事にも書いたんですが、5年ぐらい前ですが、一度ジャズバーに友人に連れていってもらい、生でジャズを聴いてから好きになりました。
そのときも心の調子はあまりよくなかったんですが、心が落ち着く感じがしまして。

>>音楽とか本とか、自分を過度に緊張させることなく新しい教えを与えてくれることができるのって良いですね。

そうなんですよね。
調子が悪いときでもできるものって大事だと思うんですが、ボーカルが入っていないピアノのジャズは心を安らげさせてくれるように感じます。


2010/10/03 23:37URL | whice[ 編集]

つばめとそらさんへ
つばめとそらさん、こんばんは。

道は開けるの中に、結構自分の不安や落ち込みを回復させるヒントがあるので、心が不調になったときに少しずつ読んでます。
今は12章あたりです。

僕も人を動かすは読みたいと思ってます。
先日、PREJIDENTか何かの雑誌に仕事に役立った本というのが載っていたんですが、BEST1が「人を動かす」でした。

実は手元にはあるんです。
(亡くなった祖父の本棚にあるのを見つけて、祖母に言って借りてあります。。。)
すごく前に1章だけ読んだんですが、こちらもなるほどって思う内容でした。

とりあえずは、道を開けるを読んでからかなと思います。
2010/10/03 23:44URL | whice[ 編集]

Post a Comment












管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL


| HOME |

カレンダー

プロフィール

whice(ホワイス)

Author:whice(ホワイス)
【HN】whice(white space:白い宇宙)
躁鬱病(双極性Ⅱ型)を患いつつも、必死に生きてるシステムエンジニア。32才。男。
【趣味】読書(文学からミステリーまで)。映画。ドライブ。

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
ブログランキングに登録しました。
よかったらポチっとお願いします。
FC2カウンター

休日の過ごし方アンケート


落ち付く過ごし方、楽しみにしてる過ごし方をみんなで共有しましょ。
集計結果はこちら
絶賛募集中です。
アンケートのご協力はこちら
読書カレンダー本棚

amazonベストセラー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

↑Top



Copyright © 2017 白いそら. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。