双極性障害II型とともに生きるシステムエンジニアの、日々想ったこと、考えたことを、徒然なるままに。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
変化


どうも今回のうつうつは、なかなか去ってはくれず。

この連休も、ほとんど何もせず2日が終わってしまった。

(というより、昨日スーパーに買い物に行って、花が多くあるのを見て、お彼岸であるのに気づく始末で。)


変化。

昇進うつという言葉があるように、僕のまわりでいろいろと変わり始めていて、それに適応できずにストレスを強く感じているところは多分にある。

今、1年~3年という期間付きでの転勤話が持ち上がっている。

大学から社会人になって今まで、各地を転々としてきたから、他の地方に行っても大丈夫だろうというのはあるんだけれど、やはり環境の変化は自分には大きく、その地に馴染むまでかなりのストレスを感じることになると思う。

ただ、転勤先は東京か神奈川で、以前埼玉に住んで東京で働いていたこともあったから、全く知らない土地でもなく、むしろ学生の頃の友人や、よく行っていた憩いのスポットがあるところだから、仕事さえうまく軌道に乗せられればいいのかなとも思う。

桜が咲くころ、春の訪れとともに、自分の心にも暖かい日差しが差し込んでくることを願って。


スポンサーサイト





ジャンル:心と身体 テーマ:うつと暮らす

2010⁄03⁄21(Sun) 23:38   ココロ | Comment(4) | Trackback(0) | ↑Top


Comment


whiceさん、こんばんは。

うーん今回のうつうつはなかなか去ってくれないのですね…
長いと本当につらいですよね。
今日はライブですが、楽しめているといいなと思います。
アイドルだっていいじゃないですか!
イメージだけどperfumeはモー娘とかのアイドルよりもオトナな感じがします。曲もテクノポップ系だし・・・
好きなことが増えるのは、嫌いなことが増えるよりも断然いいことですから♪
すこしでも浮上できますように。


そうか…転勤話がもちあがっているのですね。生活していくだけでもエネルギーがいるので、それに転勤とか大きく環境がかわると、それになじんでいくのに大きなエネルギーがいりますものね。
でもまったくしらない土地ではなく、しかもご友人もいらっしゃるとのことなので、職場の環境や仕事に馴染めれば、きっといい方にはたらくのでは、と思います。


前回のレスに対してなのですが、
>物理は、数学という言葉で考える哲学なんだと自分では思ってます。
>それでとことん、自然界の現象を突き詰めていって、それがシンプルな数式で表わされたとき、物理をやっている人は感動したりします。

というのを読んで、物理や数学はシンプルに収斂されていき、文学は言葉で拡大していくという違いがあるのかなーなんて思いました。
最近フラクタル論理とかちらと読んだりしたので、ちょっとその辺も興味はあるのですが、いかんせん数字に弱くて…汗

2010/03/22 22:23URL | すれちな[ 編集]

すれちなさんへ
すれちなさん、こんばんは。

うつうつはなかなか去ってはくれないんですが、昨日のライブは楽しめました^^
真ん中からやや左の、前から2列目の位置で、すっごく近くで見れました。

Perfumeは、確かにモー娘とかに比べると、テクノポップユニットといいますか、大人な感じですね。
会場には女性の方も結構いましたし。

ただ、ライブハウスっていうものを初めて体験したんですが、自分がいた位置が位置だっただけに、後ろからも横からも圧迫されて大変でした。。。
でも、久しぶりに、頭が真っ白になるぐらい盛り上がれました。

転勤話が持ち上がっているんです。
不景気なので地方ではなかなか仕事が取れないということで、短期間の転勤です。
(ただ、まだ確定したわけではないのですが。)

不安はすごくあります。
ただ、東京への未練というのがまだあるのも確かなんですよね。
うつが悪化した5年前、以前の会社を退職して、東京から地元に戻ってきました。
なので、もう一度っていう気持ちもあるのも確かです。
それに、東京ですと、美術館がたくさんありますしね。
すれちなさんがおっしゃるように、仕事と環境に馴染んで、いい方にいけばいいなって思います。

文学は、たしかに、そこにあるもの、人を浮き上がらせるために、わざといろいろな形容をしますよね。
風景や音、登場人物の会話、その人の生い立ちや心象風景にいたるまで、いろいろ描いていって、ストーリーが展開されますね。
その点、物理は、展開されたストーリーが最初にあって(例えば、なにか不思議な現象)、いくつかのストーリーを経て、ひとつのシンプルな言葉(原理、公式)になるといった感じでしょうか。

フラクタルは詳しくないんですが、僕がいた大学の教授が、電磁波をフラクタルに基づいた結晶に閉じ込めるという実験結果を出して、朝日新聞の一面に載ったのを思い出します。

2010/03/23 22:00URL | whice[ 編集]


私はもう企業を辞め、年金暮らしです。全部で、6カ所の事業所の転勤を経験しています。アメリカに5年間転勤したことも有ります。その頃はどうも躁気味だった様に思います。新しい職場では、それなりに新鮮な思いと自分の気の付かなかった大事なことを多く学ぶことが出来ました。

双極性Ⅱ型障害を発症したのは、最後に本社へ転勤した時、新しい上司と大げんかしたのがきっかけです。私は研究、開発職で電子部品の商品開発を材料、プロセスを含めて長年やっていました。会社の主力商品の開発に成功した後です。

その上司は現場を知らないのに頭で考えた理屈で指示をしてきた為です。私の長年の経験と実績を無視するもので、とても受け入れることが出来ませんでした。

そして、自ら望んで窓際族に成りました。しかし、双極性の病は未だに治りません。大きな周期で今も揺れ動いています。
2010/04/08 17:20URL | tom jerry[ 編集]

tom jerryさんへ
tom jerryさん、こんばんは。

6カ所も転勤されたんですか!
しかも5年間のアメリカ。
すごいですね。
大変だろうなぁと想像します。

上司ともめたんですね。
上司は自分からは選べないですが、上司によって自分の仕事の良し悪しまで左右されるじゃないですか。
その辺、なんというか、つらく感じます。

私の転勤話ですが、どうも転勤しなくて済みそうになってきました。
今の客先との取引が続くようで。
ただ、そこにいろいろ考えさせられるところがありまして。

お互い、波をうまくコントロールできるようになりたいですね。

2010/04/12 20:38URL | whice[ 編集]

Post a Comment












管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL


| HOME |

カレンダー

プロフィール

whice(ホワイス)

Author:whice(ホワイス)
【HN】whice(white space:白い宇宙)
躁鬱病(双極性Ⅱ型)を患いつつも、必死に生きてるシステムエンジニア。32才。男。
【趣味】読書(文学からミステリーまで)。映画。ドライブ。

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
ブログランキングに登録しました。
よかったらポチっとお願いします。
FC2カウンター

休日の過ごし方アンケート


落ち付く過ごし方、楽しみにしてる過ごし方をみんなで共有しましょ。
集計結果はこちら
絶賛募集中です。
アンケートのご協力はこちら
読書カレンダー本棚

amazonベストセラー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

↑Top



Copyright © 2017 白いそら. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。