双極性障害II型とともに生きるシステムエンジニアの、日々想ったこと、考えたことを、徒然なるままに。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
プチしあわせ - 絵画


昨日、月曜は休みを満喫しようと思っていたのに、朝方まで寝つけず、起きたのが昼近く。

どこかへ行こうかと思い、外へ出るも、遠出して疲れを残すのが嫌で、結局住んでる街で買い物をした。

今日買ったのは、額縁。

昔、フェルメールの企画展に行ったときに買った、フェルメールのA4サイズのポスターを入れるための額縁。

そのまま飾っていたんだけど、額縁とかに入れたらよく見えるかなと思って。

その額縁がこれ。

poster_frame

期待どおり、結構よさげに見える。

でも、ポスターが300円で、額縁が200円だから、合計500円^^;

よく美術館で額縁に入ったレプリカが高く売ってるから、自分の部屋が豊かになった気がして。

なんかね、こういうのが、僕にとってプチしあわせ。



その後は、読書をして過ごした。

読んでるのは、横山秀夫著「クライマーズ・ハイ」。

今回も、以前買って、途中で読みやめてた本。

-----------------------

とはいえ、連休最終日の夜。

どうしても、不安感と落ち込みが出てしまう。

明日から始まる仕事への不安感と、休日を楽しめなかったことへの落胆。

まえから思っていたことなんだけれど、こういった不安や落ち込みといった感情は、人には大切な感情のはず。

不安があるから、明日への準備をするんだろうし、落ち込みがあるから、落ち込まないように成功させたいという気持ちになってやれるんだと思う。

それを、この病気をもつ人は、極度に感じる。

明日への準備ができないぐらいに不安を感じ、成功させたいという気持ちさえ感じることができないぐらいまで落ち込む。

これでは、本来のこの感情の意味がなくなってしまうと思う。

自己防衛本能なんだとは思うんだけれど、生活ができなくなっては守りきれない。

その辺のところは、答えがなかなか出ないだろうから、まず先にやらなくてはいけないことは、いかにしてこれらの感情から逃れるか。

それをずっと探してきたんだけど。

D.カーネギーの「道は開ける」にこんな一節があった。


 - 悩みは人間が活動しているときではなく、一日の仕事が終わったときに人間に取りつき、害をなすことがもっとも多い。

   そんなときには、やたらに妄想がほとばしり、あらゆる種類のバカげた可能性を拾い上げ、取るに足らない失策を一つ一つ拡大して見せる。

     (中略)

   悩みに対する治療法は、何か建設的な仕事に没頭することだ。



仕事をたくさんして、考える暇をなくす。

これもひとつの方法ではあるかもしれない。

もちろん、忙しく働きすぎて、この病気になったりもするわけだから、十分な休息のあとということになるのだろうけれど。



スポンサーサイト





ジャンル:心と身体 テーマ:癒し・ヒーリング

2010⁄01⁄11(Mon) 22:55   ココロ | Comment(10) | Trackback(0) | ↑Top


Comment


whiceさんこんばんは。
連投コメすいません。
私も一日寝込んでしまって、落ち込みを感じていたので思わずコメントをさせていただきます。

お疲れがたまっていたので、身体が休息を求めていたのかもしれませんね。
22時まで残業だなんて、疲れると思います。
それでも勉強もされるだなんて偉いです!すごいなぁって思いました。

そうなんですよね。光と闇が対のように、落ち込みもあるから喜びもあるわけで。
わかっていてもコントロールはむつかしいのですけれども。
確かに建設的な行動は気持ちを豊かにしてくれますよね。
でも疲れているときや落ち込んでいるときって建設的な行動に気持ちがむかなくて…むつかしいものですね。

フェルメールのポスターいいですね~!
額縁、200円には見えません。
お買い得ですね。
私もポスターが欲しいのですが、なかなか気に入ったのがなくて。ポストカードを額縁にいれてかざっています。
部屋が豊かになった感じ、わかります。
疲れて帰ってきたときや、くつろぐときにすこし気持ちが豊かになれる気がします。

『クライマーズ・ハイ』読んでられるんですか…!
横山秀夫の作品は全体的にすきなんですが、とくにすきな作品です。

whiceさんの「雪かき」のたとえのように、足下だけを、「今」を見てゆっくり確実に、お互いに明日からの日々を乗り越えていけますように。
今は冷たく強い風もきっとあたたかくなることを信じて…。

2010/01/11 23:34URL | すれちな[ 編集]


whiceさん、こんにちは(^^♪
お久コメですm(__)m

絵画いいですね!!
値段は関係ないし、ステキだと思います(^-^)

オハナは、未だ休職中ですが、そろそろ再開したいなぁと思い、実際に始めることを考えるのですが、すごく不安になり、考えたくなくなります。
毎週休み明けにこの不安と向き合い、仕事を続けているwhiceさんは、とってもがんばっていると思います。
確かに「うつ」を抱えている人は敏感だけど、誰でもが持っている感情ですものね。

自分の疲れた心を、自分の好きな物=プチしあわせで癒して過ごせるといいですね(^_-)-☆
2010/01/12 11:53URL | イチャリバオハナ[ 編集]


私も昨晩は何度も目が覚め、結局4:00頃から眠れなくなり寝不足です・・・
最近瞑想に励んでいる私ですが、カーネギーを始め認知療法など共通している点は、自動思考と自我をいかに切り離すかだと感じます。何かの仕事に没頭しているときは雑念は感じませんし、瞑想では雑念を意識して追い払う訓練をします。
自動思考と自我を日常的に切り離せるようになると、苦しさを和らげることができるんだと思います。それがなかなか難しいんですけど・・
2010/01/12 21:40URL | つばめとそら[ 編集]

すれちなさんへ
すれちなさん、こんばんは。

コメント大歓迎ですよ^^

すれちなさんも寝込んでらっしゃったんですか。
知らず知らずのうちに疲れはたまってると思いますよ。

勉強はがんばりすぎました。
しっかり休めばよかったなぁと少し後悔してます。。。

疲れている時や落ち込んでいる時は、建設的な行動は、確かに難しいですね。
自分で引用していてそう思いました。。。
ただ、本に書いてあったのは、建設的な行動をして心を豊かにするというよりも、悩む暇をなくすぐらいに別なことをしたらいいというような意味で書いてありました。

>>フェルメールのポスターいいですね~!

ありがとうございます!
額縁は、普通にいいのを買うと結構値が張るので、大きな100円ショップで探してみました^^;

ポスターは、以前東京にいた頃、美術館に結構通ってまして、企画展があったときは、見た絵の中で一番気に入った絵のポストカードを買ってました。
それで、さらにいいなーと思ったものは、A4サイズのポスターを購入しまして。
A4サイズのは、フェルメールのがもうひとつあります。

クライマーズ・ハイは、結構前に買って、結局読まずじまいだったんです。
それで今、読んでるんですが、かなり引き込まれて、読みだすと止まらないですね。
出口のない海や半落ちも横山秀夫なんですね。
これから、そっちも読んでみようと思います。

冬ですしね。
せっせと目の前の雪をかいて、あたたかな春を待ちたいですね。


2010/01/12 23:02URL | whice[ 編集]

イチャリバオハナさんへ
イチャリバオハナさん、こんばんは。
こちらこそご無沙汰してました。

絵はいいですよね。
なんだか、心がなごみます。
実際の景色や写真も素敵ですが、画家の心を通した景色は、その画家の気持ちも感じるような気がしますし、100年、200年も人を魅了し続けた絵画は、やっぱりそれだけの魅力を感じます。

僕も、4年ほど前、仕事を辞め半年以上療養してました。
それから、リハビリを兼ねてパートをしだしまして、やっと今の仕事に漕ぎつけました。
少しずつ、自分が好きなことで馴らしていくっていくのが、再開のいい方法のように思います。
嫌なことより好きなことのほうが、不安は少なくなるものですしね。
と、偉そうなことを言いつつ、結構休み明けの落ち込みを引きずってはいるんですがね^^;

それと、がんばった自分へのご褒美として、些細なものでも、それこそプチしあわせと思えるものをあげれれば、心が穏やかになる気がします。



2010/01/12 23:14URL | whice[ 編集]

つばめとそらさんへ
つばめとそらさん、こんばんは。

つばめとそらさんも寝不足ですか。
僕はうつになって過眠が多かったんですが、最近どうも寝つきが悪かったり、眠りが浅かったりする日が続いています。

>>最近瞑想に励んでいる私ですが、カーネギーを始め認知療法など共通している点は、自動思考と自我をいかに切り離すかだと感じます。

瞑想も認知療法も、アプローチは違っても、落ち込んでる自分とは別の自分を意図的に作り出してるんですね。

ということは、僕がうつの対処法としてやってる読書も、その練習のひとつになってるのかもしれないですね。

以前、カウンセラーの先生に、「あの人だったらどう思うだろう、この人だったらどう思うだろうって考えてみては?」って言われたことがありました。
これもきっと、自動思考と自分を切り離す手段だったんですね。
2010/01/12 23:28URL | whice[ 編集]

小さな幸せ
whiceさんこんにちは。

素敵なお買い物しましたね。
気持ちや体が優れない中、外出され(外出するには、着替えしなくちゃいけないし。それが私には結構高いハードルです)、そしてお店を見て周り(疲れがひどいときはお店を診て回る気力が私にはありません(笑)額縁をみつけて、ポスターも喜んでいると思います。「小さな幸せ」とても素敵で気持ちがほっこりします。

絵は私たちの忙しい心をふっと休ませてくれるから、いいですね。


すれちなさんも言われてるように疲れているときに建設的な気持ちや行動をおこすって、なかなか難しいなあと思いました。

落ち込みや不安って、仕事に没頭してるときはあまり襲ってこないです。

仕事が終わって帰りの電車や、寝る前、そして休日にこれらの感情が襲ってくることが多いです。

程度にもよると思うのですが、うつ病は「がんばりすぎて」病気になってしまったのだから、「不安」や「落ち込み」はサインなのだろうなあと思います。

人それぞれ目安があると思うのですが、
私は動悸したり、バイトのことが頭から離れなくなると赤信号。ずっと寝ることにしてます。そしてバイトのこと考えると、ほんとうに無駄に被害妄想、悪い方向へ考えてしまうので、呪文を唱えてその感情を切り離そうと努力してます。
バイトでの失敗での店長や周りの人からの言葉、自己嫌悪は結構こたえます。まさにwhiceさんのブログに引用されている「やたらに妄想がほとばしり、あらゆる種類のバカげた可能性を拾い上げ、取るに足らない失策を一つ一つ拡大して見せる。」という状況になってしまいます。

今は事実と感情を切り離すようにしています。失敗した事実は何度もリベンジすればいいし、感情はつなみのように繰り返し襲ってきますが、私の場合は呪文で感情を流すようにして、ひきずらないように、日々訓練しています。

私も含めてみなさんそれぞれ、自分の気持ちとうまく付き合うように思考錯誤されてるのですよね。

また自分のことばかり書いてしまいました。
ごめんなさい。




2010/01/13 12:54URL | なつ[ 編集]

なつさんへ
なつさん、こんばんは。

たった200円の買い物でしたが、他の高いものを買った買い物より満足いくものでした。

でも、僕も気持ちがすぐれない日は、外出できないです。
この額縁は前に見ていて、200円はどうなんだろうって一度はやめていたものを、買ってみました。
それが案外よくて。

絵はほんと、心に休息を与えてくれますよね。
僕は、絵が大好きです。
僕の祖父がアマチュアで日本画を描いていたんで、その影響が少なからずあるかもしれないです。

>>落ち込みや不安って、仕事に没頭してるときはあまり襲ってこないです。

これが不思議だなって思うんです。
仕事に対する不安を、休みの日とかにあれだけ感じるのに、仕事に没頭しているときは、不安に感じていたものの真ん中に身を置いているわけじゃないですか。
それが逆に、そこから身を離したときに、それに対して不安を感じるんですよね。

そこにも、うつへの対処のヒントが隠されている気がします。

僕は、普段読書をしているんですが、その読書さえしたくないと思ったときが、危険のシグナルだと思ってます。
そういうときは僕もしょうがないので、眠ってしまいます。

>>今は事実と感情を切り離すようにしています。

それかもしれないですね。
事実を事実だけでなく、それに対する感情まで事実のように受け止めてしまうから、不安が不安を呼んで、どんどん落ち込んでしまうのかもしれないですよね。

認知療法もそうですが、自分や起こった出来事をいかに客観的にみるかなんですよね。

それに、失敗も、いくら後悔したとしても事態が好転するわけではないんですよね。
事実を事実としてのみ受け止めて、どう対処していったらいいかを考えるほうが、全然建設的なんですよね。
(そうするのが難しいわけなんですが。。。)

>>私の場合は呪文で感情を流すようにして、ひきずらないように、日々訓練しています。

なつさんの、からっとからあげくんでっていう言葉が好きです。
お互い、からっとからあげくんでって呪文を唱えて、なるべく気持ちよく日々を過ごしていきたいですね。


2010/01/13 23:56URL | whice[ 編集]


こんにちは。

私も以前、美術館でポスターを買って、そのために
額縁をえんやこらと探しに行って買った覚えがあります♪

額縁あると絵がまた違う表情をしてくれますよね。

休日を有意義に過ごせないのは、私の方がもっとですが、
お仕事ができているだけでも十分だとおもいます。

私も、仕事のためにしか生きていないのかな?と
疑問に思う日々ですが、
まぁしょうがないかな、って思うようにしています。

ワーク・ライフ・バランス、難しいですね。
2010/01/17 11:41URL | kano[ 編集]

kanoさんへ
kanoさん、こんばんは。

>>私も以前、美術館でポスターを買って、そのために額縁をえんやこらと探しに行って買った覚えがあります♪

自分の部屋に絵があると、それだけで華やいだ感じがしていいですよね。
額縁に入れて飾ると、雰囲気がまた変わって、心が癒されます^^

>>お仕事ができているだけでも十分だとおもいます。

そうですね。
僕は以前、仕事を辞めて療養していた時期があったんですが、その頃に比べたら、ちゃんと職に就いて働けてるので、回復してきたんだなって思います。

今の仕事は、気に入っていて、のめり込んでいるときは、(いい意味で)ずっと仕事のことを考えていることもあるんですが、残業が続き、気持ちに余裕がなくなってくると、僕も「こんなに仕事をして何になるんだろう」なんて思ってしまうこともあるんですが。
仕事をしてなかったら、はるばる東京まで美術館の展覧会を見に行ったり、額縁さえ買えなくなっちゃうんですよね。

ワークライフバランス、難しいですが、仕事も生活も、両方ともそこそこでも、楽しめるようにしたいなって思います。

2010/01/17 17:35URL | whice[ 編集]

Post a Comment












管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL


| HOME |

カレンダー

プロフィール

whice(ホワイス)

Author:whice(ホワイス)
【HN】whice(white space:白い宇宙)
躁鬱病(双極性Ⅱ型)を患いつつも、必死に生きてるシステムエンジニア。32才。男。
【趣味】読書(文学からミステリーまで)。映画。ドライブ。

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
ブログランキングに登録しました。
よかったらポチっとお願いします。
FC2カウンター

休日の過ごし方アンケート


落ち付く過ごし方、楽しみにしてる過ごし方をみんなで共有しましょ。
集計結果はこちら
絶賛募集中です。
アンケートのご協力はこちら
読書カレンダー本棚

amazonベストセラー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

↑Top



Copyright © 2017 白いそら. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。