双極性障害II型とともに生きるシステムエンジニアの、日々想ったこと、考えたことを、徒然なるままに。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
海の仙人


今やっている仕事が佳境に入ってきて疲れがたまったからか、土日は体調が悪かった。

土曜は無理して動いたんだけれど、その反動でか今日は半日眠ってしまった。

ほかのブロともさんも調子を崩しているひとが多いみたいだし、季節性なのかもしれない。

思えば毎年、冬に体調を崩す。

ただ、去年もおととしも、正月を過ぎたころには復活していたから、それまでの辛抱ということか。

でもその前にある、泊りがけの会社の忘年会を考えると気が重い。

------------

今日も、気分転換に読書をしようと思ったんだけど、金曜に「SOSの猿」を読み終えたばかりで、次何読もうかと古本屋で物色しても読みたいと思う本が見つからなかったから、以前買って、途中で読むのをやめてたのを読んでみることにした。

「海の仙人」

絲山秋子さんが書いた小説なんだけど、彼女も躁鬱を持病で持っている方。

そんな方が書いた小説だからか、今の気分が沈んだ自分には、物語がすっと入ってきて、前回、なぜ途中で読むのをやめたんだろうって不思議になった。

その時々で、読みたい小説が変わってくる。

元気なとき用の本と、元気じゃないとき用の本を、2種類ストックしておくのも方法なのかなって感じる。


スポンサーサイト





ジャンル:心と身体 テーマ:双極性障害(躁鬱病)

2009⁄12⁄14(Mon) 00:11   books | Comment(4) | Trackback(0) | ↑Top


Comment

おはようございます
whiceさんおはよう^^

仕事佳境に入って、ますます忙しくなるのでしょうか?
気持がいまいちのときに、気が乗らない忘年会は辛いなあと思いました。しかも1泊。

会社の忘年会だから上司に気を使わなければならないかもしれないけれど、同僚、後輩の中にwhiceさんの心が少しでも通じる人がいて、「やってらんね~なー」なんて愚痴を言い合える人がいたらいいなあと思いましたが、見当違いなこと書いていたらほんとすみません。

温泉?と料理たらふく満喫できるといいなあと思っています。(料理、どんな料理でたか余裕あったら教えてください(ぺろり)

以前読んでいて途中でやめて、また読み直すということってよくあります。

私は昔は本屋で目に付いた買いたい本を何冊も買うのが「贅沢」だったので、(でも読まないんですよ(苦笑)今、時々思い出して読んでは他の本に浮気し、という感じです。
やはり家に本があるということはいいことだと思っていたり。今手にとらない本でもいつか手に取る「タイミング」があるのかなあとも思ったり。
話がまたそれました(ぺこり)

海の仙人とはどのような本なのでしょう。
タイトルから興味があります。

私は最近もっぱら司馬遼太郎のエッセイなどを読んでます。


こちらも真っ白な世界です。夜中は風が強くて、電車動くのかななんてのんきなこと考えながらコメントしてます。

さて、今日も笑顔で接客してきます。

からっとから揚げ君で♪


2009/12/15 05:48URL | なつ[ 編集]

なつさんへ
なつさん、こんばんは。

仕事は、納期が年明けすぐなので、年末年始と忙しくなりそうです。。。

会社の忘年会というのが、やっぱり気が乗らないですね。
後輩には気を許せて、愚痴を言い合える人がいるので、彼と飲みかわそうと思います^^
場所は栃木の温泉なので、ゆっくりお湯に浸かりながら、日ごろの疲れを癒してこようと思います。

どんな料理が出たかはブログで報告しますね^^

本は今は、古本屋で買ってます。
昔は新刊を買って読んでいた時期もありましたが、今はどうしてもすぐ読みたいやつだけ新刊の単行本で買って、あとは古本屋の文庫本です。
ただ僕は、以前買って途中で読むのをやめた本は滅多に読み返さないんですよね。
なので、今回は異例です。

海の仙人は、海辺の町でひっそりと暮らす青年のもとに、ファンタジーという神様が居候する話で、孤独がテーマになっている感じがします。

司馬遼太郎のエッセイですかぁ。
そういえば、「司馬遼太郎が語る日本」という講演集を2冊、買って読まずに置いてありました^^

そちらは雪なんですね。
こちらは雪はまだ降ってないです。
きらきらした銀世界。
今年はまだ見てないですね。

今年もあとわずかになりましたが、お互いからっとからあげくんでいきましょう♪

2009/12/16 00:01URL | whice[ 編集]


山の仙人と言う事は良く聞きますが、海にも仙人がいるのですね。ま、本の「書名」だから、内容を読まなとねー・・・・・・。

私は山林(森)が大好きです。もう余命幾ばくも無いと分かったら、山に入り、森の中で餓死出来たら何て考えます。
2009/12/19 07:42URL | tom jerry[ 編集]

tom jerryさんへ
tom jerryさん、おはようございます。

海にも仙人がいるみたいです^^
宝くじに当たった青年が会社を辞めて、海辺の町で仙人みたいにひっそり暮らすっていう話です。

僕も今まで、転々とはしつついつも山が近い街で過ごしてきたので、山が好きです。
僕も人生の最期を迎えるなら、病院ではなく、山の中、自然の中がいいなって思います。
2009/12/19 09:20URL | whice[ 編集]

Post a Comment












管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL


| HOME |

カレンダー

プロフィール

whice(ホワイス)

Author:whice(ホワイス)
【HN】whice(white space:白い宇宙)
躁鬱病(双極性Ⅱ型)を患いつつも、必死に生きてるシステムエンジニア。32才。男。
【趣味】読書(文学からミステリーまで)。映画。ドライブ。

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
ブログランキングに登録しました。
よかったらポチっとお願いします。
FC2カウンター

休日の過ごし方アンケート


落ち付く過ごし方、楽しみにしてる過ごし方をみんなで共有しましょ。
集計結果はこちら
絶賛募集中です。
アンケートのご協力はこちら
読書カレンダー本棚

amazonベストセラー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

↑Top



Copyright © 2017 白いそら. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。