双極性障害II型とともに生きるシステムエンジニアの、日々想ったこと、考えたことを、徒然なるままに。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
ブログ開設して1年


ちょっと過ぎてしまったんだけれど、このブログを始めて丸1年が経った。

この1年。

社会人になってからは、1番がんばった年だったように思う。



1年前。

うつで仕事のリハビリとして電気屋の販売のパートをしていた僕が、今のSEの仕事に転職して1年が経とうとしてた。

以前技術系の仕事をしていたり、大学でプログラミングをかじったりしていたものの、1年前は本当にきつかった。

何がきつかったかというと、わからなくて仕事ができないという苦しさと、それと並行してのうつうつと不安感。

でもその頃から始まっていたプロジェクトで、夜遅くまで仕事をしていろいろ憶えていった。

問題が起きたとき、現象を見て、たぶんプログラムのあの部分がダメなんじゃないかなって見当をつけて、原因を探って、修正して。

今の会社に入って、3つ目のプロジェクトで、だいぶ仕事ができるようになってきた。

もちろん、前に書いたように、その製品が実際に売られていて、買ってくれた方がネットに「これはいい」って書いているのを見ると嬉しくなる。

そして今。

来月から本格的に始まるプロジェクトでは、新人の指導と、核となる機能の設計担当になっている。

もちろん不安はある。

でもそれ以上に、これまでやってきた2年を評価してもらって、これからを期待してもらっているんだっていう嬉しさがある。



もうじき30歳。

中堅社員として、いい意味での社会のパーツになって、生活基盤をしっかり整えること。

それとあいまって、プライベートの生活もいい方向へ転がせていくこと。

新卒で入社した会社を辞めてから、劣等感に苛まれていた僕が、将来へこんな明るい展望をもつことを自分でも不思議に思うけれど。

思うけれど、どん底を味わったからこそ、今の生活を素晴らしいって感じることができるんだと思う。



1年を振り返っての記事にしようと思ったんだけれど、仕事のことばかり書いてしまった。

最後に、自分がこのブログを始めたばかりの頃に載せていた、素敵な詩を、もう一度載せて、1年の振り返りを終わりにしようと思う。


   大事をなそうとして
   力を与えてほしいと神に求めたのに
   慎み深く従順であるようにと
   弱さを授かった
   
   より偉大なことができるように
   健康を求めたのに
   より良きことができるようにと
   病弱を与えられた
   
   幸せになろうとして
   富を求めたのに
   賢明であるようにと
   貧困を授かった
   
   世の人々の賞賛を得ようとして
   権力を求めたのに
   神の前にひざまずくようにと
   弱さを授かった
   
   人生を享楽しようと
   あらゆるものを求めたのに
   あらゆることを喜べるようにと
   命を授かった
   
   求めたものは一つとして
   与えられなかったが
   願いは全て聞きとげられた
   
   神の意にそわぬ者であるにもかかわらず
   心の中の言いあらわせない祈りは
   すべてかなえられた
   
   私はあらゆる人生の中で
   もっとも祝福されたのだ



スポンサーサイト






2009⁄10⁄31(Sat) 08:25   diary | Comment(8) | Trackback(0) | ↑Top


Comment


本当に、病気になるのは悪いことではなくて、神様からの贈り物なのかなぁとも思います。

苦しいことですが。

病気はまだ顔を見せることはあるかもしれませんが、
これからもすばらしいと思える時間でありますように。
2009/11/01 22:31URL | kano[ 編集]


こんばんは。
一周年なんですね。
一年前よりずっと成長したwhiceさんが今います。これからは中堅社員として更なる飛躍を期待してますよ。

あの..ちょっと教えて欲しいんですけど、「ITパスポート」という資格出来たらしいんです。知ってますか?
何でもシスアドの代わりらしいです。少し興味持ってます。俺でもやれそうかな?
2009/11/02 20:51URL | L[ 編集]

kanoさんへ
kanoさん、おはようございます。

病気を神様からの贈り物って思うことができたら楽になれるんじゃないかなって思います。

病気になってつらいこと、たくさんありましたが、逆に病気になったから得たものもたくさんあったように思います。
以前の自分よりも強く成長出来たんじゃないかなって思いますし、ブログを通していろんな人と交流できましたし。

もし病気にならなかったら、もちろんよかったのかもしれないですが、こういうふうに自分を成長させられなかったように思います。

お互い、ゆっくりとうまく病気と向き合っていけたらいいですね。

2009/11/03 11:13URL | whice[ 編集]

Lさんへ
Lさん、おはようございます。

ブログ始めて一年になりました。
中堅社員として仕事できるように、勉強したりいろいろしていこうと思います^^


ITパスポートっていう資格、聞き覚えがなかったので調べてみたんですが、初級シスアドが今年、名前変わったみたいですね。
僕が買った参考書にも書いてありました。

シスアドは、学生とか結構取ってる人が多いので、全然できると思いますよ。


2009/11/03 11:21URL | whice[ 編集]


whiceさん、はじめまして。
私がブログを始めたのが去年の夏だったと思いますから、1年ちょっとが経過しました。
私も以前は、電器量販店で販売員をしていました。デジカメとPC,プリンター等が担当でした。毎日が、売上と、カタログとのにらめっこでした。

素敵な詩ですね。
人間、生まれたからには幸せになる権利があると思います。
2009/11/03 18:57URL | イデアーレ[ 編集]

イデアーレさんへ
イデアーレさん、はじめまして。

イデアーレさんもブログを始めて1年ちょっとなんですね。
同じ病気をもってる人とは、なかなか交流がないので、ブログを始めて同じ病気をもっている人といろいろ意見交換して、病気に向き合うヒントをいろいろともらってます。

イデアーレさんも電器屋さんで販売してたんですね。
僕はAV機器が担当で、オーディオが一番の担当でした。

この詩は、ニューヨークのリハビリセンターの壁に書かれた作者不詳の詩らしいんですが、病気でつらいとき、「大丈夫だよ」って言ってもらえる感じがして好きな詩です。

2009/11/04 00:55URL | whice[ 編集]


whiceさんこんにちは。
ブログを開設して1年たったのですね。

1年を振り返って「仕事」の内容になってしまうのは、それだけ「仕事」、今の職場に対して、気持が大きく注がれている証しなのかなあと思いました。whiceさんは日々の体調のことはあまり書かれないけれど、忙しい仕事をこなしながら、病気と付き合っていくのは、少なからず似たような状況を経験してる「同士」としてはほんとうに大変だろうなあと思うし、よくやっていらっしゃるなあと想像するから。遠くから応援してますからね~。


最後に紹介してる詩は、以前もwhiceさんからブログで紹介してもらって、何回も言葉に出して読んで、メモしたのを思い出しました。
あの時は私は今より結構しんどくて、なんにも出来ない1日だけれど、なんとか「生きる」気持で過ごせたこと、「生きれたこと」に感謝して、今よりもずっと小さい親切に感謝できていた気がして、思い出しました。

私というのは贅沢な生き物で、去年は「なんとか社会復帰してぎりぎりの安定した収入を得たい」と願っていたけれど、それが今かなって、「あ~この年でバイトでいいのかなあ」とか「お給料もっと増えないとやっていけないよ」とか、のぞんでしまいます。

いつも自分のことばかり書いてすみません。
おかげで、「感謝する心」を忘れないように日々暮らせることをありがたく思う気持を思い出せました。
2009/11/04 15:14URL | なつ[ 編集]

なつさんへ
なつさん、こんばんは。
ブログを開設して1年経ちました。

なつさんが言うように、仕事に対して気持ちを大きく注いだと思います。
今の仕事を始めて、もうすぐ丸2年ですが、最初の頃はすごく仕事がきつかったのを覚えてます。
仕事はできないし(未経験で入ったから当たり前なんですが)、仕事ができないから気持ちがだんだんうつになって。
そうすると余計に仕事ができないっていうことの繰り返し。

そうですね、思えば、あまり体調のことは書いてこなかったです。
つらいときは吐き出せばいいんでしょうけど、うつになるとブログ書くのもしんどいっていう状態になってしまうので。。。

ただ、仕事がつらくてうつになることが多い分、仕事がきっかけでうつから脱出することも多々ありました。

忙しい仕事をなんとかこなせたのは、仕事に集中してるとうつうつくんから解放されることが結構あるっていうことと、仕事の不安は仕事をやることでしか解消されないって思ったからですかね。

最後に載せた詩は、僕もどん底のときに、救われた詩なんです。
だから大切にしてます。

>>私というのは贅沢な生き物で、去年は「なんとか社会復帰してぎりぎりの安定した収入を得たい」と願っていたけれど、それが今かなって、「あ~この年でバイトでいいのかなあ」とか「お給料もっと増えないとやっていけないよ」とか、のぞんでしまいます。

僕もそうですよ。
電気屋の販売のパートをしてた頃は、「ぎりぎりでも収入があれば、病気が出ない程度の仕事でいい」って思ってましたが、「正社員にならなきゃ不安だな」とか「これだけの給料じゃ何もできないな」とかって思って、今の仕事を始めました。

お互い、「感謝する心を忘れずに」ですね。


2009/11/04 21:16URL | whice[ 編集]

Post a Comment












管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL


| HOME |

カレンダー

プロフィール

whice(ホワイス)

Author:whice(ホワイス)
【HN】whice(white space:白い宇宙)
躁鬱病(双極性Ⅱ型)を患いつつも、必死に生きてるシステムエンジニア。32才。男。
【趣味】読書(文学からミステリーまで)。映画。ドライブ。

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
ブログランキングに登録しました。
よかったらポチっとお願いします。
FC2カウンター

休日の過ごし方アンケート


落ち付く過ごし方、楽しみにしてる過ごし方をみんなで共有しましょ。
集計結果はこちら
絶賛募集中です。
アンケートのご協力はこちら
読書カレンダー本棚

amazonベストセラー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

↑Top



Copyright © 2017 白いそら. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。