双極性障害II型とともに生きるシステムエンジニアの、日々想ったこと、考えたことを、徒然なるままに。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
行動と感情


またブログに間があいてしまった。

少なくとも毎週末には書いていたのに、今は隔週になりつつある。。。

週末ぐらいはブログを書いて、自分自身を客観的に見つめなおす機会をつくっておきたい。

今は、前回のブログで書いたとおり、まだまだ忙しい日々が続いている。

休みは日曜だけで、毎晩10時までという日々。

ただそんななか、今の仕事がやっとなんとかなりそうという目処がついてきたからか、最近は気持ちよく過ごせている気がする。

今日の休みも、暖かくなってきた気候の中、少し遠出して買い物をしたりできた。

(いつもなら、遠出しても途中でぐったりとするんだけれど、今日はぐったりせず)

理由に思い当たることがある。

以前、途中で読むのをやめていたカーネギーの「道は開ける」をまた再開しているのだ。

やはりこの本は、長年読み続けられてきただけあって、いいヒントになることが書いてある。

こんな文章があったので、忘れないようにメモをしておこうと思う。

 -ご自分で試していただきたい。満面にこぼれるような笑みをたたえ、肩をそびやかし、大きく深呼吸しながら歌の一節でも口ずさむことだ。歌でなくて口笛でもよい。口笛がだめなら鼻歌でもよい。
(中略)
早い話が幸福に酔いしれているようにふるまいながら、同時に浮かぬ顔で沈み込んでいることは肉体的に不可能だということだ!

PART4 平和と幸福をもたらす精神状態を養う方法 12-生活を転換させる指針 より


この章でカーネギーは、行動を変えることで感情も変わっていくということを書いている。

この病気を治すには、最終的には考えかたを変えていかないといけないとは思っている。

けれど、考え方を変えるというのは、自分を変えることでなかなか難しい。

でも、ぎこちないつくり笑顔でも、笑顔をつくってやってやったりと、行動ならそれほど(考え方を変えるよりは)難しくない。

この本のタイトルと同様に、道が開けることを願って、気持ちよい生活を送れるように、いろいろとやっていきたい。




スポンサーサイト


ジャンル:心と身体 テーマ:モノの見方、考え方。

2011⁄02⁄27(Sun) 22:40   ココロ | Comment(4) | Trackback(0) | ↑Top
休日をきもちよく


今週は世の中3連休のなか、土日に2連休のみ確保。

まずは金曜。

仕事が終わってから主任に食事に誘われ、夕食をおごってもらった。

あまり部下を誘わない主任なので、なにか注意されたりするのかなって思ったりもしたんだけど、昇級が決定したからより一層仕事に精を出せということを言いたかったらしい。

そのとき普段なにをやっているかっていう話題になり、その主任は結婚する前はよくゲーセンに行ってたって言ってたのをきっかけに、ゲーセンに行くことになった。

(正直30代の男2人が酔ってもいないのにゲーセンに行くのはどうかとは思ったんだけど。。。)

で、普段ゲーセンには行かない僕は、UFOキャッチャーの景品が豪華なのにびっくり。

今はぬいぐるみなんてほとんどなく、おもちゃやらお菓子やら。

中には、フ○ミコンの本体やMP3プレーヤーなんかも。

主任が得意だったと言っていたので、「お手並みを拝見します」と言ってみるも、主任は何も取れず。。。

それで、おもむろに自分もやってみようと、フ○ミコンの本体のやつにお金を入れてやってみると、3回で取れてしまった!

下がそのゲーム機。

fc.jpg

子供の頃、フ○ミコンの本体なんて、1万か2万ぐらいしていたはずなのに、UFOキャッチャーで取れるとはすごい。

ソフトを中古で買って、子供の頃やっていたゲームでもやってみようか。

------

土曜は、病院へ。

正直仕事が多忙なこともあり、休日調子が悪くなることを話していると、

「休日のスケジュールを決めてしまうといいんじゃないか」

という話になった。

思えば、昔自分もそう考えて、実行していたのを思い出す。

それと、こんなことも言われた。

「こんなことを言うのは失礼だとは思うんだけど、正直、君がここまで仕事を続けられるとは思わなかったよ。今の仕事が好きなんだな。」

好きか嫌いかと言われたら、好きなほうだと思う。

労働時間は長いし、プレッシャーもあるけれど、やれているのは、やっていて楽しいと思えるからだと思う。

来週からは、休日やりたいことリストでも作って、休日を気持ちよく過ごそうか。


病院の後は、近くのデパートに立ち寄った。

そこに最近本屋が入ったのだ。

ジュ○ク堂。

東京で働いていた頃はよく通っていた本屋。

そこで、いろいろと本を探索。

でも、結局欲しいと思うモノはなく、東急ハ○ズへ。

東急ハ○ズも最近このデパートに出来て、普通のハ○ズに比べてすごく小さいんだけれど、やっぱり面白い。

ちなみに、ここも東京にいた頃によく通っていた。

で、お米を手を使わずにすぐに研げるっていうものをみつけたので、買ってしまった。

sokusenryoku.jpg

勢いよく水道から水を注ぐと、その水流で30秒ほどでお米を研げるらしい。

最近、米を研ぐのが面倒で、無洗米とか買っていたからいいかなと思って。

なんて、買い物をしていると、東京にいた頃と行動パターンが変わってないことに驚いてしまう。

新宿の東急ハ○ズ→ヨド○シ→池袋のジュ○ク堂。

実際にその後、ふらっとヨド○シにも行ってしまったから、苦笑い。。。

ただ、こっちのお店はどれも規模が小さいのが残念に思う。





ジャンル:心と身体 テーマ:うつと暮らす

2011⁄02⁄13(Sun) 20:56   ココロ | Comment(4) | Trackback(0) | ↑Top
意識


早いものでもう2月。

毎回書いているけれど、相変わらず仕事は忙しく。

そんななか、日曜の休みはかなりひどく落ち込み、月曜まで引きずる始末。。。

だけど、火曜の今日、調子は意外な感じに上向いた。

仕事に対する不安感みたいなのが、休日にドーッと負のスパイラルっぽくなり。

すべてを投げ出したい気持ちに陥ってしまう。

でも、いざ仕事をしてみると、意外と大丈夫なことに気付く。

それでふと、パニック障害をもっていた友人が言っていたことを思い出したんだ。

「気持ちをあげる薬を飲んでるんだから、自分でも意識して気持ちをあげていかなきゃ」

それを聞いたときは、

「気分が沈んでるときは、無理せず過ごすのが一番だよ。何を言ってるんだろ」

なんて、内心思いつつ、適当に受け流したんだけど。

病気がひどいときは確かに療養が必要なのかもしれない。

だけど、ある程度働けるぐらいにまで回復したら、自分から気分を上向かせていく意識みたいなものが大事なんじゃないかなって、やっと彼が言っていたことの意味がわかったような気がする。

そう考えると、休日の僕は、逆のことばかりをしていた。

自分の気分を下げようとするような思考を繰り返しては、負のスパイラルに陥る。

そうじゃなくて、気持ちを持ち上げて、「今日は楽しいことをするぞー」とか「今日は仕事を終わらせるぞー」とか、そういった感じで臨んだらいいんだと思う。

そんな感じで、今週末は、どこかに出かけて写真を撮ったりしてみたいなって思う。







ジャンル:心と身体 テーマ:モノの見方、考え方。

2011⁄02⁄01(Tue) 23:10   ココロ | Comment(4) | Trackback(0) | ↑Top

| HOME |

カレンダー

プロフィール

whice(ホワイス)

Author:whice(ホワイス)
【HN】whice(white space:白い宇宙)
躁鬱病(双極性Ⅱ型)を患いつつも、必死に生きてるシステムエンジニア。32才。男。
【趣味】読書(文学からミステリーまで)。映画。ドライブ。

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
ブログランキングに登録しました。
よかったらポチっとお願いします。
FC2カウンター

休日の過ごし方アンケート


落ち付く過ごし方、楽しみにしてる過ごし方をみんなで共有しましょ。
集計結果はこちら
絶賛募集中です。
アンケートのご協力はこちら
読書カレンダー本棚

amazonベストセラー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

↑Top



Copyright © 2011 白いそら. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。