双極性障害II型とともに生きるシステムエンジニアの、日々想ったこと、考えたことを、徒然なるままに。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
今の仕事に就いて3年


秋が深まり、もうじき12月。

僕が今の仕事に就いてから、丸3年が経とうとしている。

思い返せば、我ながら3年間よく続けられたなって思う。

入った当初、あまりの残業の多さと、自分の体調の悪さに、すぐ辞めようと思って、実際に辞める一歩手前までいったこともあった。

未経験の業種で、若手とは言えない年齢になりつつあったから、その差に苦しんだこともあった。

でも、苦しいときは、目の前のことを黙々こなすことに集中したり、何もできない日も数少ない趣味の読書で乗り切ったりしてきた。

それに、ブログでも、いろんな人に励まされたり、ヒントをもらったりして。

いつも、このつたないブログを見て頂いたり、コメントを書いてくださる方々、本当に感謝です。

思えば、今の会社に入る前は、電機メーカーをうつで退職したあと、実家で療養し、バイトをしたりしていた。

その間、医者からは双極性障害の疑いがあると言われショックを受けたりもした。


ブログには初めて書くかもしれないんだけれど、病院で知り合った、とある方の言葉が、今も自分を支えているように感じる。

その方は、70歳ぐらいの老紳士という風貌の方で、同じく躁鬱病を患っていらっしゃったと思う。

知り合ったきっかけは、靴が同じだったということ。

茶色の革の生地のスニーカーを履いていたんだけど、その方も同じ靴を履いてらっしゃって、病院の喫煙所で声をかけられた。

話していくと、地元では有名な企業の元役員とのことで。

(あとで、その方の衣服がブランドものだったことに気づいたんだけど。。。)

出身校が一緒ということもあり、その方とそれから親しくなって、いろいろお話をして。

その頃はまだ、家電販売のパートをしていた頃で、「これからちゃんとした正社員という形で再就職するのが今の目標なんです。大学の卒論のときにプログラミングが楽しかったからIT関係で、以前電機メーカーに勤めていたから、それを生かせるような仕事がしたいと思っています。以前のような大企業に勤めるのは無理かもしれないですけれど。」といったようなことを話したんだと思う。

そしたらその方が、「こんな病気、さっさと治して、仕事にはすぐ就けるよ。それに大企業よりも、地元の小さな企業に入って、その会社を大きく成長させていくほうが君には合っていると思うよ」
そんなことを言ってもらった記憶がある。

それから、1年経った頃、念願叶って今の会社に就職し、今に至っている。

その方とは、就職が決まって、病院に行く日を土曜に変えてから、もうずっと会っていない。

ただ機会をみつけて、「おかげさまで今、一生懸命仕事ができていますよ」と、報告したいなって感じる。




スポンサーサイト


ジャンル:心と身体 テーマ:双極性障害(躁鬱病)

2010⁄11⁄28(Sun) 21:00   ココロ | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top
結婚式へお呼ばれ


週末土曜日は、同僚の結婚式だった。

午前中少しだけ仕事をして、午後から結婚式。

僕がいる地方の結婚式は慣習で大人数を呼ぶ。

今回の結婚式もだいたい150人ぐらい。

首都圏に住んでる友人の結婚式や名古屋の友人の結婚式はどちらも50人ぐらいだったと思うから、全国的にみても多いんじゃないかなと思う。

そんななか調子に乗って、次々とお酒を飲んでしまったもんだから、今日日曜日は二日酔いでダウン。。。

祝いの席と言えど、薬を飲んでいる身。

お酒はほどほどにしないといけない。

ただね、こうして人の結婚式に呼ばれて行くことが最近多いんだけど(来週も結婚式がある)、自分は結婚できるのかななんて思ってしまって、暗い気持ちになるのも現実で。

病気を治してからじゃないと到底難しいだろうなぁなんて思うんだけど、なかなかうまくもいかず。

でもあまり深くは考えず、とりあえずは目の前に転がっている仕事をなんとか片づけることを念頭に進んでいくしかないのかなとも思う。

あまり深く考え込まないようにしないと。







2010⁄11⁄14(Sun) 23:10   ココロ | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top
東京


先日、3日祝日は、東京に行ってきた。

お目当ては、東京ドームで開催の、某3人組テクノポップユニットのライブ。

去年のライブに友人に誘われて行ってから、ライブに行っていて、今回で3度目。

せっかくの東京だからと、観光もしようと、朝から新幹線に乗り込み、東京ツアーをした。

まずは東京タワー。

事前に、今話題のスカイツリーを見てみたいって話してたんだけど、「じゃあ、東京タワーからスカイツリーを見てみよう」ということになり、東京タワーに向かった。

真下から見上げた東京タワー。

tokyo_tower.jpg

空は真っ青な快晴で、その中に東京タワーの赤が映える。

次の写真は、展望台からの景色。

sky_tree.jpg

奥のほうに見えるのが、建設中のスカイツリー。

建設途中のスカイツリーは今しか見れないから、いい思い出になるかなと思ってみたり。

それで、今度は実際にスカイツリーを間近で見ようと、浅草へ。

(正直、このへんで疲れてきてた。)

sky_tree2.jpg

スカイツリーは東京タワーとは打って変わって、空に溶け込むような感じ。

東京タワーが自己主張が強い感じの兄貴分で、スカイツリーはスマートな弟って感じの印象を受ける。

それで浅草寺でお参りをして、食事をとって、いよいよ東京ドームへ。

東京ドームはほんとすごい人だった。

(あとでネットで調べたら観客5万人って書いてあったから、そりゃあすごい人数だろうなって)

dome.jpg

座席は、広い東京ドームで2階席も埋まっているなか、アリーナの、野球場で言うと3塁ベースがあるあたり。

ステージが、野球場の中央にあって、四方に道が設けられている形だったから、結構近い。

盛り上がった楽しいひと時を味わえた。

時間もあっという間に過ぎてしまって。

ただ、残念だったのは、仕事で多忙をきわめているなかでの、1日の強行スケジュールだったということ。

(もちろん、心の具合もいまいちだったし)

今度、東京に来るときは、宿を取って、のんびりと都心を満喫したいなって思う。






ジャンル:心と身体 テーマ:日記

2010⁄11⁄06(Sat) 22:58   ココロ | Comment(2) | Trackback(0) | ↑Top

| HOME |

カレンダー

プロフィール

whice(ホワイス)

Author:whice(ホワイス)
【HN】whice(white space:白い宇宙)
躁鬱病(双極性Ⅱ型)を患いつつも、必死に生きてるシステムエンジニア。32才。男。
【趣味】読書(文学からミステリーまで)。映画。ドライブ。

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
ブログランキングに登録しました。
よかったらポチっとお願いします。
FC2カウンター

休日の過ごし方アンケート


落ち付く過ごし方、楽しみにしてる過ごし方をみんなで共有しましょ。
集計結果はこちら
絶賛募集中です。
アンケートのご協力はこちら
読書カレンダー本棚

amazonベストセラー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

↑Top



Copyright © 2010 白いそら. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。