双極性障害II型とともに生きるシステムエンジニアの、日々想ったこと、考えたことを、徒然なるままに。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
なくしてしまったもの


暗めの記事なので追記にします。

ココロのつぶやきといったところ。


【なくしてしまったもの】の続きを読む...


スポンサーサイト


ジャンル:心と身体 テーマ:うつと暮らす

2010⁄10⁄31(Sun) 00:20   ココロ | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top
達成感を感じること


土曜日、前からの不安材料だった会社のBBQがなんとか無事に終わった。

自分が幹事で、他にもう一人幹事がいたんだけど。

休日に話し合ったり買い出ししたりして。

しかも直前になって、もう一人の幹事が「仕事で行けないかもしれない」って言いだしていたんだけど、なんとか来てもらって。

いろいろ上司たちにご忠告を頂いたりもしたけれども、失敗することなく終了。

不安事項が解決したからだとは思うんだけど、土曜の夜はひさしぶりにゆったりとした気持ちを味わえた。

それで、ふと意外なことに気がついた。

思えば、不安だったBBQの幹事業務がある以前の夏ぐらいからずっと、憂鬱な気持ちは引きずっていたのに、昨日は落ち着いた気持ちになれた。

言い換えると、憂鬱の材料の一つでしかないBBQが解決したことで、憂鬱の材料は残っていてもかなり憂鬱感がなくなって楽になれた。

そこにうつ脱出の大きなヒントが隠されているような気がする。

もちろん、毎週会社のBBQを企画しようなんてしないけれど、毎週何かひとつの簡単な目標みたいなものを掲げて、それをクリアしていけば、その達成感で憂鬱感や不安感はずいぶんおさまるんじゃないかなって。

例えば、「本をここまで読む」とか「早起きをする」とか。

自分としては「本」の目標がいい気がするんだけど。


明日からまた一週間仕事。

それなりに結果を出して、本は今読んでいる小説を今週中に読破しよう。





ジャンル:心と身体 テーマ:うつと暮らす

2010⁄10⁄17(Sun) 21:44   うつの対処法 | Comment(4) | Trackback(0) | ↑Top
皮膚科にて


前にも書いたんだけれど、ひどい皮膚炎にかかってしまい、皮膚科に通院している。

それで土曜は通院日で皮膚科に行ってきた。

「こりゃ、相当ひどいね」と言ってみたり、「ここまで回復できたのは、僕の腕がいいからなのかな」と言ってみたり、ちょっと風変わりなお医者さんなんだけど。

昨日は、僕の皮膚の状態を確認した後で、

「僕はね、子供の頃登校拒否をしたことがあってね・・・」

と、おもむろに、僕の皮膚炎とは到底関係がないと思われることを話し始めた。

「その頃は、『登校拒否』なんて言葉はなくて、ずる休みって言われたんだけどね。

 高いハードルがあると僕なんか逃げてしまいたくなるんだけど、やっぱりちょっとずつ進んでいかないといけないんだよね。」

さすがに、見かねた看護師さんが「先生・・・」とさえぎったんだけど、どうしてそんな話をしたのかなと考えてみたら、その診察を受けたとき、僕はひどい顔をしていたんだと思う。

金曜に、仕事でトラブルが起こってしまい(原因が特定できていないから、自分が原因なのか他の要因なのかはわからないんだけど)、ひどく落ち込んだ状態で土曜を向かえていた。

それに、心療内科に通院しているということは初診のときに言ってあったから、そんな僕の様子を見た医者がそういうふうに言ってくれたのかなっていう気がした。

そう考えると、少し嬉しくはあったんだけど、でもやっぱり、この土日、仕事のことが頭から離れず、苦しい週末を過ごした。

明日、休日出勤をすることになっているので、他の人にも協力を仰ぎながらトラブルの修復をしようとは思うんだけど、とっても気が重い。

何もできない今日は、ただ祈るしかないのかなって思う。

起きてしまったトラブルをくよくよしても何も変わらない。トラブルが起きてしまったことは受け入れて、どう解決するかを考えることが建設的だと自分で自分に言い聞かせながら。






ジャンル:心と身体 テーマ:うつと暮らす

2010⁄10⁄10(Sun) 21:16   ココロ | Comment(4) | Trackback(0) | ↑Top
ジャズと不安解消法


週末は忙しかった。

というより、これからの忙しさの幕開けのような気がする。

金曜は5時間残業し、今日は休日出勤。

グループの業務が遅れに遅れて。

ただ、もちろんいいこともあって。

客先の創立○周年パーティに参加したんだけど(本当は全く乗り気ではなかった)、パーティの中でJAZZライブがあった。

以前、東京で働いていたときに一度だけ、JAZZ Barに行ったことはあったんだけど。

そのときのような感じだった。

まさかそんな体験ができるとは夢にも思わずで。

それで、どこかで聞き覚えのある方だなとは思っていたんだけど、帰ってきてからネットで検索すると、すぐひっかかって。

今日、レンタルビデオ屋さんの数少ないJAZZコーナーに行くと、その方のCDが何枚も置いてあった。

今日はそのJAZZのCDを聴きながら、疲れを癒そうと思う。

-----------

ずっとブログに書こうと思っていて、なかなか書けずじまいだったんだけど。

最近また、D.カーネギーの「道は開ける」を読み出している。

なかなか一気に読めずなんだけど。

そのなかで気に入ったところがあって、その考え方で、先週の日曜を気持ちよく乗り越えられた。

内容は、

  記録を調べて平均すると、不安の種が起こる確率はどのぐらいか考えてみよう
というもの。

日曜の夜、僕は(おそらくは多くのサラリーマンが)不安に駆られる。

明日からの仕事がうまくいくのか。

失敗しないか。クビになるようなことになりはしないか。

そう考えだすと、ぐるぐる思考が悪い方向へ行き、すごく落ち込んだ夜を過ごしてしまう。

でも、本に書いてあったように考えてみると、クビになるような致命的な失敗をしてしまったことは、今までにほとんどなかったし、第一、この3年間働いてきてクビにはなっていない。

そう思うと、ふっと「大丈夫かもな」って、少し安心して、肩の力が抜けてきたんだ。

もちろん、今は仕事が大変だし、うまくいってはいないんだけど、気持ちを楽にする手助けにはなった。

そんなふうに、ほっとできる、心を休ませられるひとときを作れるような考え方を探していきたいと思う。






ジャンル:心と身体 テーマ:モノの見方、考え方。

2010⁄10⁄02(Sat) 23:03   ココロ | Comment(4) | Trackback(0) | ↑Top

| HOME |

カレンダー

プロフィール

whice(ホワイス)

Author:whice(ホワイス)
【HN】whice(white space:白い宇宙)
躁鬱病(双極性Ⅱ型)を患いつつも、必死に生きてるシステムエンジニア。32才。男。
【趣味】読書(文学からミステリーまで)。映画。ドライブ。

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
ブログランキングに登録しました。
よかったらポチっとお願いします。
FC2カウンター

休日の過ごし方アンケート


落ち付く過ごし方、楽しみにしてる過ごし方をみんなで共有しましょ。
集計結果はこちら
絶賛募集中です。
アンケートのご協力はこちら
読書カレンダー本棚

amazonベストセラー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

↑Top



Copyright © 2010 白いそら. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。