双極性障害II型とともに生きるシステムエンジニアの、日々想ったこと、考えたことを、徒然なるままに。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
心の病と芸術


長期休暇の終わりに、遠出して美術館に行ってきた。

ticket_innocence

いのちに向き合うアートと題された企画展は、正規の美術教育を受けていない、知的障害や心の病を抱えた人が描いた作品を展示したもの。

以前、日曜美術館で紹介されていたけれど、そういった方たちの作品は、ひきつけられ、心を揺さぶられる感じがする。

心の中の不安や孤独といったつらさを絵にぶつけているからなのかもしれない。

また、目に見えないものというものは、人を不安にさせる。

明日が怖い、暗闇が怖いというのは、目に見えないからというのが一番の理由であると思う。

だとすれば、それを目に見える形に表現してやれば、人は不安や恐怖から解放されるんだろうなと感じる。

昔、我々の祖先のクロマニヨン人は、お墓に壁画として絵を残す習慣があったというのを読んだことがある。

そのとき同時代を生きたネアンデルタール人は、埋葬の習慣は持っていたが、絵を描く習慣はなかったらしい。

その差が、現代まで生き延びたか滅んでしまったかの差になるのかはわからないけれど、少なくとも、絵を描くことで不安から解放される手段になったんじゃないのだろうかと思う。

絵で思いだされるのは、うつがひどかったとき、僕は病院の作業療法で絵を描いていて、そのとき心がとても落ち着いたこと。

ちゃんとした絵ではなく、下書きはプリントされていて、それに色を塗っていくものだったんだけれど、長野のとある観光地の絵に、絵具で色をつけていった。

その絵は、完成した後、プラスチックの額に入れてもらって、その作業療法の部屋に飾っておいてもらった。

絵を描いてみれば、自分の心の中にある不安や恐怖感から解放されるのかもしれない。





スポンサーサイト


ジャンル:心と身体 テーマ:しあわせの素

2010⁄08⁄22(Sun) 07:25   ココロ | Comment(6) | Trackback(0) | ↑Top
うつのち、キラキラ


うつうつとどんよりしていたように思う。

大型連休が先週木曜から始まったものの、水曜に会社の打ち上げがあったために、朝方まで飲んで、二日酔いで一日目がつぶれたのを皮切りに、何もしないままだらだらと過ごし、気づけば月曜。

今回は、客先に合わせて、12日から18日までの大型連休をもらっていたんだけど、気持ちはひどく沈んでいて、休みに入っても何もする気になれず、嫌な日々が続いていた。

そんな気持ちになってるのは主に原因が二つあって。

1.仕事のプレッシャー

 休みの前日の打ち上げの飲み会で、酔った上司からひどくプレッシャーを受け。

2.ひどい皮膚炎

 今年初めぐらいから身体にできた湿疹が、だんだんと悪化し、半そでさえ着れない状況になり、それが強いストレスになっていた。(先週の金曜に大きな病院に行って、そこでもらった強い薬を塗っていたら、だいぶよくはなってきた)


そんな感じで、やる気が全く出ず、気分転換にと出かけてみても疲れるばかり。

そのせいか、昨日、おとといと、かなりの睡眠をとってしまった(うつっぽくなると過眠になってしまう)。

でもそれが功を奏したのか、今日昼過ぎに起きて、もったいないからと出かけてみると、周りがキラキラしだした。

僕はたまにそういうことがある。

気分がダメなときは、周りがどんよりと曇った感じがして、心ももやもやした感じで、何も感じない。

つらさとかかなしさとかが鈍くずっと感じる感じがする。

だけど、ふとしたきっかけで、スーッと、霧が晴れるみたいな感じで、季節のにおいを感じたり、風のここちよさを感じたりして、やる気がでてくる。落ち着いてくる。

僕の場合は、そんなとき軽躁を心配して、散財には注意なんだけど、躁という感じでもなく、フラットなんじゃないかなっていう気もする。

「連休も終わりのほうになってやっとか」なんて思ってしまうけれど、連休前半は、ずっと欲していながら気づかなかった休養を、知らず知らずのうちにとっていたのかもしれないなって思うことにした。

明日火曜は、また皮膚科に行って、前回やった検査の結果を聞いた後、遠出してこようと思ってる。

そのために、早く眠らなくちゃな。

お出かけのレポができれば、明日にでも。






ジャンル:心と身体 テーマ:うつと暮らす

2010⁄08⁄17(Tue) 00:24   ココロ | Comment(4) | Trackback(0) | ↑Top
空とプログラム


空は代弁してくれる感じがして好き。

教育テレビで生きずらさをテーマにした番組がやっていて。

そのなかで空の写真を撮ることが趣味と言ってた、心の病気にかかっている方が言ってた言葉。

土曜日病院の日だったんだけど、赤信号で止まったとき、ふとその言葉を思い出し、フロントガラスごしに空を見上げてみた。

うん。確かに代弁してくれるような気がする。

あるときはどしゃ降りの雨とカミナリで叫んでくれたり。

あるときはとびっきりの青空で笑ってくれたり。

---------

仕事は春からやっていたのが一段落し、また新しい仕事が始まりだした。

取引先は同じで、扱う製品も同じなんだけど、プログラム言語がちがう・・・。

とはいえ、今やっているのと似ている言語というのもあって理解しやすいのと、これから多く使われるかもしれない言語なのでこれを機会に憶えるのはスキルアップにはいいことなのかなと(思うことにした)。

ということで早速本屋で参考書を探して、簡単そうで読みやすそうなのを買おうとしたんだけど、あまりそのプログラム言語の本が売ってなくて。。。

とりあえず、簡単そうで読みやすそうなのを買ってきて、必要なソフトをインストールしてやってみた。

これからまた大変そうだけど、楽しみながらやって、個人的に面白いアプリみたいなのを作れたらいいななんて思う。








ジャンル:心と身体 テーマ:モノの見方、考え方。

2010⁄08⁄01(Sun) 23:25   ココロ | Comment(2) | Trackback(0) | ↑Top

| HOME |

カレンダー

プロフィール

whice(ホワイス)

Author:whice(ホワイス)
【HN】whice(white space:白い宇宙)
躁鬱病(双極性Ⅱ型)を患いつつも、必死に生きてるシステムエンジニア。32才。男。
【趣味】読書(文学からミステリーまで)。映画。ドライブ。

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
ブログランキングに登録しました。
よかったらポチっとお願いします。
FC2カウンター

休日の過ごし方アンケート


落ち付く過ごし方、楽しみにしてる過ごし方をみんなで共有しましょ。
集計結果はこちら
絶賛募集中です。
アンケートのご協力はこちら
読書カレンダー本棚

amazonベストセラー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

↑Top



Copyright © 2010 白いそら. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。