双極性障害II型とともに生きるシステムエンジニアの、日々想ったこと、考えたことを、徒然なるままに。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
散髪


理容:頭髪の刈込、顔そり等の方法により容姿を整えること(理容師法第1条の2)

美容:パーマネントウエーブ、結髪、化粧等の方法により容姿を美しくすること(美容師法第2条)

 - Wikipwdiaより引用



社会人になってからずっと、美容室で髪を切るようにしていた。

理由は単純で、フレッシュマン向けのビジネス誌に「髪は美容室で切ったほうがいい」と書いてあったから。。。

“デキル”ビジネスマンは、美容室で髪を切るものなのかって^^

でも今日は久しぶりに、美容室でなく、床屋で髪を切ってみた。

しかも、カットのみだと1000円っていうお店で。

というのも、今週末、髪を切ろうと思っていたのに、昨日は病院2つ行って髪を切る時間がなく、今日は起きたのが夕方で(15時間ぐらい眠ったままだった!)、時間がなかったから、近くの安い床屋に行くことにした。

それに、前回美容室で切った髪形を、会社の上司に「中途半端」と言われたのもあって。。。

で、実際のところ。

切ってもらうと、すごく雑な感じで切られて(最初、バリカンでざっくり切られたのはさすがにびっくり)。

「失敗したかな」って最初は思ったんだけど、終わってみると、まずまずな感じで。

いつも行ってる4000円の美容室と大差がない。。。

しかも、顔も剃ってもらえるから気持ちいいし。

染めたり、パーマかけたりするんだったら、美容室なんだろうけど、カットだけなら床屋で十分なんだろうなって思った。

合計1800円。

浮いたお金で、本を買ってきた。




スポンサーサイト


ジャンル:心と身体 テーマ:モノの見方、考え方。

2010⁄01⁄31(Sun) 19:58   diary | Comment(2) | Trackback(0) | ↑Top
疲れたココロ


弟がうつになった。

「兄貴、おれ、どうもうつっぽいから、病院に行って休職しようと思うんだけど」

弟が電話をかけてきて、そう言ったのは先週のことだった。

聞くと去年の年末からちょこちょこ休み、先週はずっと休んでいるらしかった。

弟は社会に出てまだ一年。

ここで休んでしまうと、復帰するにも転職するにも、パワーがとても必要。

自分がそうだったからだ。

だから「可能なら病院に通いながら、仕事を続けるほうがいいんじゃないかな」って伝えた。

でも。

そうすることは無理だったらしく、今週、休職することにしたという電話がかかってきた。

これで、兄弟3人全員がうつになってしまった。

--------------

今週も仕事は忙しく残業が続き、今日土曜は休日出勤だった。

最近仕事で思い通りに仕事が進まず、いらいらすることが多かった。

自分の力不足で仕事が進まないならいらいらはしないんだろうけれど、仕事に集中しようとしているときに、いろんな人から何度も質問を受け、仕事が滞る。

その結果、上司や客先のお偉いさんからプレッシャーをかけられる。

今日は、機械とパソコンのソフトの調子が悪く、仕事が一向に進まなかった。

まいった。

こんな日もあるんだろうけれど、そんな日が続くと精神的に追い込まれてしまう。

こういうときは、お風呂にゆっくり浸かって、アクティブじゃなくても、心が晴れやかになるようなことをするのがいいのかなとも思う。

例えば、DVDを借りてきて映画を観るとかね。

そういえば、話は全然変わるけど、ALF○Eが歌う宇宙戦艦ヤ○トを観て、心が燃えた(笑)ので、貼っておこうって思う。









ジャンル:心と身体 テーマ:うつと暮らす

2010⁄01⁄23(Sat) 19:30   ココロ | Comment(4) | Trackback(0) | ↑Top
プロジェクト終了とセンター試験


先週は、去年の11月始めからやっていたプロジェクトの納期を無事終え、ほっと一段落。

・・・と思っていたんだけど、終了と同時に、別プロジェクトに合流し、息をつく間もなく、忙しさに身を投じ続けることになってしまった。

忙しいことはこのご時世、いいことなんだろうけれど。

いつもとは違ったスタンス(グループで僕一人が別働隊で動き、客先の人と仕事を進めた)でやっていて、プレッシャーと疲労がピークに達していたのに、「終わった」っていう余韻に浸る間もなく、本体に合流した形。

しかも合流したほうは今結構忙しく、先週も結局残業&休日出勤。

うーむ。

とはいえ、何か自分へご褒美をと、こんなものを土曜の帰りに買ってきた。

奥の松 純米生酒↓ と 出羽桜 桜花吟醸(本生)↓

nama_zake

土曜は出羽桜のほうを飲んだんだけど、辛口淡麗フルーティといった感じでおいしかった。

小瓶で買ってきたのは、お酒は家では普段飲まないので、早く飲み切ろうということで。

-----------------

さて話は変わり。

今日はセンター試験。

僕も11年前と10年前に2度、センター試験を受けた。

ニュースでやっていたんだけど、今は機械で英語を聞いて、リスニング試験をやるらしい。

リスニングがない時にセンター受けられてよかったなんて、ニュース見ながら思ってた。

そもそもセンター試験というのはすごいと、つくづく思う。

たった2日間の試験で、その後の人生が結構左右されるんだろうし。

僕は、センターの英語で、問題が残り2問ってなったところで、解答が一つずつずれていたことに気づいて、ラスト5分というところで必死に、マークを書きなおしたのを思い出す^^;

あれからもう10年も経つんだなって思うと「早いなぁ」って思うし、あれだけ人生の一大事に思えた大学受験も、今振り返ると大して大変なことじゃなかったんだなって思う。

今ときどき襲われるうつも、これから10年先、そんな時期もあったなぁなんて、センター試験のように思い出せたらいいなって思う。







ジャンル:心と身体 テーマ:モノの見方、考え方。

2010⁄01⁄17(Sun) 18:28   life | Comment(2) | Trackback(0) | ↑Top
プチしあわせ - 絵画


昨日、月曜は休みを満喫しようと思っていたのに、朝方まで寝つけず、起きたのが昼近く。

どこかへ行こうかと思い、外へ出るも、遠出して疲れを残すのが嫌で、結局住んでる街で買い物をした。

今日買ったのは、額縁。

昔、フェルメールの企画展に行ったときに買った、フェルメールのA4サイズのポスターを入れるための額縁。

そのまま飾っていたんだけど、額縁とかに入れたらよく見えるかなと思って。

その額縁がこれ。

poster_frame

期待どおり、結構よさげに見える。

でも、ポスターが300円で、額縁が200円だから、合計500円^^;

よく美術館で額縁に入ったレプリカが高く売ってるから、自分の部屋が豊かになった気がして。

なんかね、こういうのが、僕にとってプチしあわせ。



その後は、読書をして過ごした。

読んでるのは、横山秀夫著「クライマーズ・ハイ」。

今回も、以前買って、途中で読みやめてた本。

-----------------------

とはいえ、連休最終日の夜。

どうしても、不安感と落ち込みが出てしまう。

明日から始まる仕事への不安感と、休日を楽しめなかったことへの落胆。

まえから思っていたことなんだけれど、こういった不安や落ち込みといった感情は、人には大切な感情のはず。

不安があるから、明日への準備をするんだろうし、落ち込みがあるから、落ち込まないように成功させたいという気持ちになってやれるんだと思う。

それを、この病気をもつ人は、極度に感じる。

明日への準備ができないぐらいに不安を感じ、成功させたいという気持ちさえ感じることができないぐらいまで落ち込む。

これでは、本来のこの感情の意味がなくなってしまうと思う。

自己防衛本能なんだとは思うんだけれど、生活ができなくなっては守りきれない。

その辺のところは、答えがなかなか出ないだろうから、まず先にやらなくてはいけないことは、いかにしてこれらの感情から逃れるか。

それをずっと探してきたんだけど。

D.カーネギーの「道は開ける」にこんな一節があった。


 - 悩みは人間が活動しているときではなく、一日の仕事が終わったときに人間に取りつき、害をなすことがもっとも多い。

   そんなときには、やたらに妄想がほとばしり、あらゆる種類のバカげた可能性を拾い上げ、取るに足らない失策を一つ一つ拡大して見せる。

     (中略)

   悩みに対する治療法は、何か建設的な仕事に没頭することだ。



仕事をたくさんして、考える暇をなくす。

これもひとつの方法ではあるかもしれない。

もちろん、忙しく働きすぎて、この病気になったりもするわけだから、十分な休息のあとということになるのだろうけれど。








ジャンル:心と身体 テーマ:癒し・ヒーリング

2010⁄01⁄11(Mon) 22:55   ココロ | Comment(10) | Trackback(0) | ↑Top
勉強と睡眠の休日


先週は年明け早々、納期が間近ということもあり、大忙し。

木曜、金曜は22時すぎまで残業し、へろへろ。

そこに、ずっとうつうつが出てたから大変だった。

納期が週明けの12日なんだけど、金曜でほぼ大丈夫だろうということで、なんとか3連休は確保。

疲れがたまってたからだろうか、昨日も今日もだいぶ眠ってしまった。

------------

次の土曜は、四半期に一度の土曜出社日になっている。

部の全体の打ち合わせ(部長のありがたいお言葉)があって、その後平社員は自分で立てた目標の反省をする。

そこで。

前回の僕が立てた目標のひとつが、資格を取るというものだった。。。

それがあって、参考書を買ったという記事も書いたんだけれど。

それが全然進んでなかったわけで。

ということで、今回の連休は自分にむちを打って、勉強をすることにした。

ただね、そんな一朝一夕でうまく進むはずもなく、結局2日間やって、参考書の1/3しか進まなかった。

この休み、久しぶりにこんなに眠って、久しぶりにこんなに勉強した。

明日月曜は、休みを満喫しようって思う。

---------

そうそう。

前に新人くんを教えていると書いたんだけど、彼が北陸の出身で、前に冗談半分「黒龍(日本酒)買ってきて^^」って言ったら、彼がそれを覚えていたらしく、「whiceさん、黒龍買ってきました。今度持ってきます」って言ってた。

何かお返ししないとな。

(お酒にはお酒で返すしかないかな^^;)







ジャンル:心と身体 テーマ:日記

2010⁄01⁄10(Sun) 22:43   diary | Comment(4) | Trackback(0) | ↑Top
海面に差す、白い月の光


こんな映画を観た。

トウキョウソナタ

4人家族の話なんだけど、世界はなんて最悪でひどいんだろうって思わせるような映画。

だけど、観終わった後で、真っ暗な海面に、白い月の光が差すような感覚に浸る感じがする映画。

近くのレンタルビデオ屋さんが100円レンタルをしていたからいろいろ眺めていると、ふと手に取ったのがこのDVDだった。




年末にニュース番組の特番で、今回の金融恐慌の特集をしていたのを観た。

そのなかで、人類の歴史とお金の関係を紹介していた。

家でモノを作って売る時代から始まり、産業革命で工場で大量にモノを作るようになった。

その結果、市場を求め海外へ出て、植民地にモノを売る時代ができた。

その後、戦争終結後も、植民地や戦争という形ではないけれど、大量生産・大量消費の時代が続き。

今度は、お金でお金を増やす金融商品が誕生した。

まぁ、偏った感じは多分にするけれど、そういった内容の特集で。

その後のコメンテーターの言葉が気になった。

「結局、今やってることと、産業革命後ずっとやってきたことは、根本的に同じなんじゃないか」

血は流れていないし、攻め込んでもどこかの国を植民地にもしていない。

でも、やってることは昔と同じなんじゃないか。

そんな考えが頭から離れなかった。

実際に、自分がいる会社も、外国の会社を蹴落とすようなことをしたのを目の当たりにしたことがあった。

けれど。

自分ひとりが世界に抗おうとしても、目が覚めたら新しい世界が広がっていることを願っても、何も変わっちゃいない。

考えないこと。

小さな商店を営んでいる、僕の祖母がこんなことを言っていたのを思い出す。

「商売は、時には馬鹿にならなくちゃいけないよ」

馬鹿になる。

ひどい世界だと思っても、馬鹿になり順応する。

それが賢い生き方なのかもしれない。

でも。

それだけでは、つらすぎる。

だから。

自分を慰める音楽を僕らは愛するのかもしれない。








ジャンル:心と身体 テーマ:モノの見方、考え方。

2010⁄01⁄06(Wed) 22:35   ココロ | Comment(4) | Trackback(0) | ↑Top
2010年のはじめに


遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いします。



さて、今年は、僕にとって区切りとなる年。

年齢は4月でちょうど30歳。

仕事は3年目。

そんななか一番は、病気ともっとうまく付き合えるようになることかなって思う。

以前に比べると、仕事に支障をきたすほどの波はあまりこなくなったし(去年はうつで休むことがなかった)、うつがきても読書とか対処法も見つけることができてきたけれど。

それでも、つらいときはやっぱりひどくつらくて。

そのつらさを、今年は「なくす!!」とまではいかなくても、去年よりも「軽減する!」までいきたい。

そのために、今まだ読み途中のD.カーネギー「道は開ける」を読み進めて生活に応用したり、ブログ友達の方々がやっていることを取り入れて試したりしたいと思う。

最終的には、「楽しい」って思える休日を過ごせるまで、自分の心をよくしていきたいなぁって思う。


他には、休日を過ごすときの楽しみのバリエーションも増やしたいなぁって思う。

お気に入りの小説家を新しく見つけたり、お気に入りのお店や休日の楽しみ。

そういった、プチ幸せを少しずつでも集めて、プチワクワクをもてる。そんな過ごし方をしたいなって思う。







ジャンル:心と身体 テーマ:双極性障害(躁鬱病)

2010⁄01⁄03(Sun) 23:49   ココロ | Comment(8) | Trackback(0) | ↑Top

| HOME |

カレンダー

プロフィール

whice(ホワイス)

Author:whice(ホワイス)
【HN】whice(white space:白い宇宙)
躁鬱病(双極性Ⅱ型)を患いつつも、必死に生きてるシステムエンジニア。32才。男。
【趣味】読書(文学からミステリーまで)。映画。ドライブ。

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
ブログランキングに登録しました。
よかったらポチっとお願いします。
FC2カウンター

休日の過ごし方アンケート


落ち付く過ごし方、楽しみにしてる過ごし方をみんなで共有しましょ。
集計結果はこちら
絶賛募集中です。
アンケートのご協力はこちら
読書カレンダー本棚

amazonベストセラー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

↑Top



Copyright © 2010 白いそら. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。