双極性障害II型とともに生きるシステムエンジニアの、日々想ったこと、考えたことを、徒然なるままに。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
ビートを刻め!


先週感じていた、うつうつくんの気配も少し治まり、まあまあの気分になってきている。

それで、最近感じたことをちょっと書こうって思う。

とはいえ、考えがまとまってなくて、どこから書き出していいものかって悩むところではあるんだけど。

まずは、ロックかな。

今読んでる本に「ロック」が出てきたり、忌野清志郎さんが亡くなったりして、「ロック」について考えていたんだ。

そこで、「ロック」は”破壊と創造”って感じたりもして、それは人類の縮図のような気がした。


それで、病気とロックがどこで結びつくかなんだけど、これは前に本で読んだ話。

うつ病や躁鬱病は、人類が原始人って呼ばれてた頃からあったんじゃないかっていう学説があるらしくて、そのときにうつ病は人類を救ったんじゃないかっていうのがあるらしい。

氷河期、狩りをしながら過ごしていた僕らの祖先は、危険と隣り合わせで。

でも、狩猟のために移住しながら過ごしていた。

そこで、例えば、仲間が狩りの最中に亡くなって、その仲間のうちの一人がうつ病になってしまう。

その結果、無意識のうちにその仲間たちは、このまま進んでいくのは危険だから、少しこの場で休んでこのまま進むのはやめようって考えたんじゃないかっていう説。

病跡学っていうらしいんだけど。

話は飛躍しすぎかもしれないけれど、うつ病が人類を救っていた病気だったとしたら、人類の縮図のロックにも何かしらの関係性が見出せるんじゃないかっていうことを考えた。

(意味のないことを考えてるのかもしれないけれど、何かうつ病と付き合う上でのヒントがあるような気がして。)

それで、共通項だと感じたのは、ビート。リズム。ドラムの音。ベース音。

ロックは、ボーカルの声やギターの旋律、歌詞のメッセージ性って大事なものがあると思うんだけど、一番支えているのは、上に書いたドラムやベースのリズムなんじゃないかなって思ったんだ。

そこが崩れてしまうと、音楽として成り立たなくなってしまう。

僕らの生活も同じで、ベースの生活のリズムが狂ってしまうと、いろんなものが崩れて、成り立たなくなってしまう。

逆に、いろんなものが崩れて、成り立たなくなってしまったとき、しまいそうなとき、最初に立て直したほうがいいのは、「ベース」のリズムなんじゃないかって感じたんだ。

・・・なんか、長くだらだら書いてしまった。

しかも、書いてて、言いたいことがうまくまとまってない。。。

まぁ、書きたかったのは、一言で言えば、リズムが大切ってことなんだけど。

--------------

話は変わって、以前書いた「プラネテス」っていうアニメ。

結構DVDを借りて観てるんだけど、4巻まで観終わって、これはおススメって感じたから、改めてまた書いておこうって思う。

内容は2075年、宇宙のゴミを回収する仕事をしてるひとたちの物語。

SFって言えばSFだけど、子供向けのSFではないと思う。いろいろ考えさせられたし、感動したりもした。



それと、1Q84買っちゃった!

学生の頃に村上春樹にはまって、結構読んでて、新刊が出るって聞いて楽しみにしてて。

でも、発売日の金曜は遅くまで残業してて、その次の日も仕事だったから、帰りに本屋に立ち寄ったんだけど、「1Q84只今売り切れ中 6月中旬頃入荷予定」の文字。

昼休みに会社のPCでニュースをチェックしてたら「発売日初日で68万部」って書いてあったからなって思いつつ、村上春樹のファンながら「なんで今回はこんなに売れてるんだろう」とも思いつつ。

3軒目でやっと上巻のみ購入。最後の一冊だった。

ただ、今は屋上ミサイルを読んでるとこだから、それが読み終わってからかな。




スポンサーサイト


ジャンル:心と身体 テーマ:双極性障害〔躁鬱病)

2009⁄05⁄31(Sun) 21:59   うつの対処法 | Comment(6) | Trackback(2) | ↑Top
低調気味


どうも、日曜から心の調子が不安定でいけない。

たぶん、疲れがたまってたところに、緊張感が緩んでしまったからなんだと思う。

久し振りに不安感や落ち込みに苛まれてしまって。

そんなときの仕事はほんとにつらい。

先週まで、あんなに張り切ってやってた仕事が、つらくて仕方ない。

そんなときは、休養取るのが一番なんだろうけど、もう一踏ん張りしないといけない今は、そうもいかず。

嫌な気持ちを逸らしながら心を休めつつ、仕事中は前に積まれた仕事をただ黙々とこなすことに集中すべきなんだろうなって思う。


こういうとき、自分はやっぱり病気持ちなんだなって感じてしまう。(弱気な発言だけど)

このままいったら働けなくなっちゃうかな。働けなくなったらどうしたらいいんだろって、頭のなかをぐるぐるぐるぐる。

円い下降線を辿っていくような感覚におちいる。

でもね、まだなんとかやれてる。

態勢を整えて、踏みとどまらないとなって、思えるときもある。

やっぱり態勢の整えかたなんだろうな。

冬に落ち込みがひどかったときは読書で乗り切ったから、今回も読書で乗り切ろう作戦かな。

今日は弱音な独り言。






2009⁄05⁄27(Wed) 00:08   ココロ | Comment(9) | Trackback(0) | ↑Top
祝・プロジェクト山場越える


秋からずっとやってきたプロジェクトが、金曜にひとつめの納期を完了して、ほっと一息。

ずーっと忙しい日々が続いていたから、すっごく嬉しい。

そして、久しぶりに土曜のお休み。

週に1日しか休みがないのと、2日あるのとでは大違いだなって感じる。

疲れが抜けきってはないけれど、明日もまた休みって思うと嬉しい。

あと、変更版を出さないといけないんだけど、たぶんあと2週間ってところだと思う。

それでもって、全部が終わったら1週間休みを取っていいって言われたから、尚のことほっとする。


ただね、今回やった仕事の次が決まってないからだと思うんだけど、一緒のプロジェクトをやってきた協力会社の人が今月いっぱいで終わりらしいから、それがなんとも言えない。

派遣切りに近いのかな。

上司はビジネスだから仕方がないとは言っていたけど。。。

うちの会社は、50人ぐらいの小さな会社なんだけど、年度末に3人辞めてて。

そんなことを考えると、逆に、プロジェクトが終わって欲しくない気もしてくる。

------------

今月末は、村上春樹の新刊が出るらしいから、楽しみもあって。

あと、今は「屋上ミサイル」を読んだり、「プラネテス」っていうアニメのDVDを観たりしてる。

先週の日曜は、久しぶりにコーヒーメーカーでちゃんと淹れてコーヒー飲んだし。

そういった、周りに転がっていて、見落としがちな小さな幸せを拾いあつめて、日々暮らしたい。

そうそう。ちなみに今日は、近くの大きめの街をぶらぶら歩いて、前に書いたインドカレー屋さんで、ランチを食べて、チドリ柄のシャツを買ってきた♪






ジャンル:心と身体 テーマ:げんき&げんき情報

2009⁄05⁄24(Sun) 01:13   diary | Comment(10) | Trackback(0) | ↑Top
まるで秋のよう


今日は寒い。

昼間は、昨日までの暑さが嘘のように涼しくて、職場をあとにするときは寒かった。

匂いで言ったら、秋の感じで。

帰り、駐車場に向かうとき、寒空を見上げると、満天の星空。

オリオン座かなって、よく見てみると、さそり座の頭で。
あー、やっぱり秋じゃなくて夏が近いんだだなって、星座に気付かされた。






2009⁄05⁄14(Thu) 23:56   diary | Comment(4) | Trackback(0) | ↑Top
お宝


今日ふと、久しぶりに音楽をちゃんとコンポで聴こうって思って、MDを再生して、入ってたBank Bandの「沿志奏逢(そうしそうあい)」を聴いてたんだけど、歌詞が知りたかったから、ネットでこのアルバムを検索をしたんだ。

そしたら、衝撃の事実。

このアルバムは限定生産で、ちょっとした高値がついている。

中古でも4000円~9000円。

新品だと、18000円!!

慌てて、車の中に置きっぱなしだったCDを取ってきた。

soushisouai

このCDはもう4、5年前かな、大学時代の友人に「DVDは普通に売ってるんだけど、CDは限定だったと思うから売ってないかも」って教えてもらったやつで、たまたま地元のCD屋の閉店セールで見かけたものだったんだ。

でも、そんな限定なんてことはすっかり忘れていて。

ケースは、実家に置いてきた段ボールの中だと思う。。。

この中の「糸」って曲が好きで、何度も聴いてた。




それともう1曲。

沿志奏逢2に入ってる「ひとつだけ」







2009⁄05⁄10(Sun) 22:31   music | Comment(6) | Trackback(0) | ↑Top
もう何もできないって思うのは


シャワーを浴びてて、ふと気づいたことがあったから、忘れないうちに書いておこうと思う。


僕らは小さい頃、「自分は何だってできる、何にだってなれる」って思ってた。

だから、ああして、明日を心待ちにできた。

だけど、今僕らは、「自分はもう何もできない」って思うことが多々ある。

それは、病気だからっていうのはもちろんあるとしても。


でも、ここで、ふと思ったんだ。

小さい頃、「何だってできる」って思えたのは、何もしたことがなかったからなんだって。

逆に「もう何もできない」っていうのは、いろんなことをやって初めて、思えることなんだって。

何もやったことがなかったら、もう何もできないっては思えないんだから。

そしたら、こう考えられるんじゃないかなって思ったんだ。


僕らはいろんなことをやってきたんだから、何もできないっていうのは間違いなんだ。

いろんなことができたんだったら、これからもいろんなことができるはず。

病気が邪魔をしてるのかもしれないけれど、だとしたら、その病気さえ手なずけてしまえれば、またいろんなことができるはずなんだって。


なんか、すごく前向きに書いてみた。

でも、春にもこんなことを書いたけれど、今の僕はなるべく目の前に集中して、先を見ないように過ごしている。

これも最近感じたことなんだけど、人が不安になるのって、将来のことに関してなんだと思う。

あたりまえのことなのかもしれないけれど。

過去のことに対して、不安になるってまずないと思う。

「今日、仕事で失敗した、どうしよう」って思うことはあるけれど、その不安は、過去の失敗に対する不安なんじゃなくて、過去の失敗で将来怒られるかもしれないっていう不安。

その不安を取り除くにはどうしたらいいかなって考えて、みつけた自分の答えが将来を考えないってこと。

ただただ、目の前のことに集中して、目の前の石ころをどかすこと。

あ、そっか、これは雪かきのときに書いたんだった。

-------------

仕事が、やっと終りがみえてきた。

どうやら延ばし延ばしになってきた納期が、やっと来週末に決まり、なんとかギリギリそこまでには出来そう。

これで、ちょっとだけ休めると思う。(今のが終わっても、もうちょい関連したのが続くから。)

取りあえず、来週に向けて、日曜は体を休めようって思う。





2009⁄05⁄10(Sun) 00:14   ココロ | Comment(2) | Trackback(0) | ↑Top
春眠暁を覚えず


連休も終わって、今日から仕事だったんだけど。

やっちゃいけないことをやってしまった。

連休明けの遅刻。

社会人になって5年目。

今まで休んだことはあっても、遅刻はなかったのに、初めて遅刻してしまった。

休日出勤だから、遅刻としては残らないんだけど、20分遅れはさすがに上司に怒られた。

しかも。

後輩がさらに2時間遅れの大遅刻をしてきて、2人呼び出されて説教されてしまった。


もちろん、遅刻はいけないとはわかっているんだけど、遅刻しないようにと、昨日は12時には眠ったし、目覚まし時計も電池を入れ替えて、寝坊は絶対にしないという感じで眠っただけに、この遅刻には落ち込んでしまった。

贅沢な話だけど、連休というのはどうも(時間的にという意味ではなくて、気持ちのリズムという意味で)リズムが崩れてしまっていけない。

連休中も、初日こそ気持ちはよかったけれど、東京に行っても気持ちは下り坂だった。


今日は、なんとか一日をやり過ごして、今帰ってきてからは気分は少しだけ戻ったから、明日からまたがんばれそうな気はするんだけど。

もっとうまく休日をすごせるようにしたいなぁって思う。

あともう少しで、納期が終わって、忙しい時期も終わる。

それを目標に、もう少しがんばろうって思う。






ジャンル:心と身体 テーマ:双極性障害〔躁鬱病)

2009⁄05⁄05(Tue) 18:45   diary | Comment(6) | Trackback(0) | ↑Top
芸術


東京から帰ってきた。

行ってきたのは、国立西洋美術館で開催してる、「ルーブル美術館展」。

フェルメールやレンブラントの絵が、実際の生で見れるっていうのに、すごく感動した。

なんというか、体を突き刺すような衝撃で。(おおげさかもしれないけど)

300年も前の絵が、こうして残っていて、それを自分が見れているっていうことに、まず驚くんだけれど、それ以上に、そこに描かれている人の悲しげな眼差しが、300年のときを超えて、今まさにそれを目にした自分が感じて。

頭がくらくらするような感覚。

それと、フェルメールの絵は、その時代の人とは少し違っていて、独特の青と黄色の色彩に、光の描き方からか、魅かれるものがあった。

「レースを編む女」っていう題の絵がとっても印象的だった。

写真は、国立西洋美術館の外にある、巨大なオブジェの写真。

ueno_artmuseum


HPでみたときは、GW中は40分待ちって書いてあったんだけど、あえて遅めの時間(閉館2時間前)に行ったから、案外空いていて、じっくり眺められた。

僕は、昔から絵が好きで、東京にいた頃は、足繁く美術館には通ってた。

残念ながら、地元に戻ってきてからは、大きな美術館があまりないから、それほど頻繁には行ってなかったんだけれど。

----------

今回東京に行ったのは、この前ふと今住んでるとこから上野までの電車賃と時間を調べたら、鈍行で行っても、さほど辛くなさそうな時間と値段だったから。(宇都宮-上野が快速走ってて、3時間半の3000円ちょっとで行けちゃう)

突発的に行ったから、行き当たりばったりだったけれど、今度はちゃんと計画を立てて、行こうって思う。

ただ、帰りの電車の中で思ったのは、東京からどんどん田舎の風景に変わっては行くんだけれど、やっぱり那須野を過ぎて、白河の関を越えると、帰ってきたなって感じて、自分は東北の人間なんだなって常々感じた。






ジャンル:心と身体 テーマ:癒し・ヒーリング

2009⁄05⁄04(Mon) 00:25   life | Comment(4) | Trackback(0) | ↑Top
連休初日の朝


やっと今日からGW。

3か月ぶりの連休。(2月から土曜出てた)

初日はゆっくり眠ってようって思ってたんだけど、普通に目が覚めた。

ただGWって言っても、4日まで。

例の「納期が迫ってる」って書いてた仕事が結局終わらずじまいで、納期が延期。

ということで、5日6日は休み返上なんだけど。

それでも、4連休は嬉しい。

予定としては、今日は夜、会社の新人歓迎会で、2、3は上京っていった感じ。

天気も晴れ。

休日を満喫するよ。

---------

最近、仕事に打ちこめているからか、あまりうつになるってことがなくなった。

それで、このまえ医者に薬減らせないか言ってみた。

そしたら、「減薬はタイミングがすごく難しいけれど、今は大丈夫かもしれないな」って、減らしてもらえた。

少しずつ、薬がなくても過ごしていけたらいいことなんだろうな。

「こんな病気なんて吹っ飛ばして、またやっていこう。どこまでが自分の限界かを知ったんだから、次は大丈夫だよ。」

って言ってたのは、病院で知り合った、同じ病気を抱えているおじいさん。

同じ靴を履いてて会話をしたのが知り合ったきっかけなんだけど、その人は、地元では知らない人はいない会社の元重役さんで。

また気持ちいい風を浴びたいなって、そういう気持ちで。





ジャンル:心と身体 テーマ:げんき&げんき情報

2009⁄05⁄01(Fri) 07:44   diary | Comment(4) | Trackback(0) | ↑Top

| HOME |

カレンダー

プロフィール

whice(ホワイス)

Author:whice(ホワイス)
【HN】whice(white space:白い宇宙)
躁鬱病(双極性Ⅱ型)を患いつつも、必死に生きてるシステムエンジニア。32才。男。
【趣味】読書(文学からミステリーまで)。映画。ドライブ。

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
ブログランキングに登録しました。
よかったらポチっとお願いします。
FC2カウンター

休日の過ごし方アンケート


落ち付く過ごし方、楽しみにしてる過ごし方をみんなで共有しましょ。
集計結果はこちら
絶賛募集中です。
アンケートのご協力はこちら
読書カレンダー本棚

amazonベストセラー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

↑Top



Copyright © 2009 白いそら. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。